« シンクロ | トップページ | 解き放て! »

過去メモリ

どうして「スマートフォン」は略すと「スマホ」になるのだろう。

「チャットモンチー」は「チャットモ」じゃなくて

「チャモン」もしくは「チャッチー」と略すのが適切ではないのか。

そんなロックな疑問を抱きつつ、いい加減スマホに替えようかなーと、

長年連れ添った携帯電話のメモリをぼんやり眺めておりました。

軽率に略された言葉が蔓延るこの世を、儚んでいる場合ではない。

メモリ件数の少なさに今さら驚いたりはしませんけれど、

過去に関係を持った人の名前が残っていることに気付いて、腰を抜かすところでした。

腰を使ったのは随分昔だというのに。おっと!

 

 

 

以前、元彼ないし元彼女と連絡を取りますか

という香ばしい案件をぶちまけたことがあります。ロックですねー!

私は別れた恋人とは一切連絡を取らないタイプであり

尚かつ女性とのお付き合いは新が初めてですので、

「元彼」に限定されますけれど、連絡を取ったことがありません。

なので携帯のメモリには彼らの名前は存在しないのですね。

それなのに関係を持った女性たちの名前はメモリに残っている・・

これは一体どういうことでしょうか。

簡単ですね。

未練があるからです。

 

 

 


「オナニーは上手だけど嘘は下手くそ」

というキャッチーなコピーで有名な私でありますが、こんな風にやんちゃぶったところで

彼女にヤキモチの一つも妬いてもらえないどころか

ありもしない好感度を下げてしまうだけですから、弁解しておく必要があります。

女性に関して言えば、「恋愛感情がなくなれば友達に戻れる」あるいは

「親友になれるのではないか」という半信半疑な期待を持っています。

実際、今までそういった経験がありませんし、

そのことが私の尻の穴のサイズを吐露することになり兼ねないのですが、

一番身近にそのお手本と言うべき2人を見てきたこともあって

今や確信に変わりつつあると言えます。

歳を重ねて考え方が増設されたとも言えますが。

なによりも、「親友はいる?」と訊かれた時に一番先に思い付くのが

私にとって新なのですね。

「友情の延長上で同性を好きになった」と言えば語弊がありますし

やや思春期テイストになってしまいますが、人を好きになるということは本来

精神的な関係の延長に起こるものでしょう。

一概には言えませんけれど。

 

 

 

そんな風情で、先日新との馴れ初めを書く際に

昔の恋愛を芋づる式に思い出し、甘酸っぱい感傷に浸っておりました。

高校時代に学校の更衣室でキスしたあの子。

真っ赤な顔で更衣室を飛び出したもんだから、

その後クラスメイトにバレて大変だったっけ。

学校の非常階段でイチャイチャしたあの子。

先生に見つかって失禁するかと思った。

こんなに苦しいなら、もう二度と女の子に恋なんかしないと泣いた

過去の自分に、「通過点だよ」と伝えてあげたい。

上手く友達に戻れずに、深く傷つけてしまったあの子は、

私が通過点であることにすぐに気付いただろうか。

 

 

 

新は私の親友であり、飲み友達であるけれど、

やっぱりいつまでも「恋人」でいて欲しい。

新にとっての通過点になりたくないなー、なんて

携帯を開くと一番上に出てくる名前を眺めながら、

私は思ってたりします。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

 

 

|
|

« シンクロ | トップページ | 解き放て! »

書き散らし」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
いつも楽しく読ませていただいてますhappy02
お仲間さんはどんな日常をおくっているのかな??
で、ここに辿り着きました はい

 ・二人のやり取り
 ・新さんの発言のユニークさ
 ・3匹catのかわいらしさ
 ・新夜食堂
つぼです

 ・それらを表現する頼さんの文章力
脱帽ですm(_ _)m


これからも、恋人であり親友・家族・姉妹でもある新さんを大切に
仲良しぶりを見せてください。


 


投稿: たらこ | 2012年6月27日 (水) 14時30分

過去メモリといえば、1か月ほど前に携帯が水没し、データのすべてが無くなりまして・・我が家のメンバーと両親弟以外、だれにも自発的に連絡がとれない状態のまま、、だれからも連絡も来ず、です。

未練のアドレスがなくて良かった(笑)

文末の5行、全くもって、同意見です。蜜月が忘れ去られた今、、、切望状態です。

ところで、私たちは、職場恋愛の1種です。それについてはまたいつか!!

投稿: シータの彼女 | 2012年6月27日 (水) 18時21分

相方と付き合った時、昔の恋でたくさん悩んだことが「通過点」になった気がします。
親友もしてきたけれど、やっぱり恋人になれてよかったと思います。
頼様、先生に見つかるなんて!!!衝撃(゜ロ゜;な過去をお持ちですね。笑っ

投稿: さちこ | 2012年6月27日 (水) 20時25分

ブログ、読ませてもらっています。
通過点ですか…
初めて付き合うのですが…
通過点なのか…
通過点…今が通過点でないことを願います。
新さんと、末長くお幸せに(o^^o)

投稿: 鳥の巣 | 2012年6月27日 (水) 23時16分

こんばんは。
昔の恋愛(の一部)は痛過ぎて思い出す度に苦く感じてしまうののです。

今のパートナーの通過点に…
どうですかね。私はなってしまっても構わない気がします。

相手にとっては苦く嫌な過去になる可能性だってありますが、相手を形成する要素になるわけですよね。

憎しみを持たせたり深く傷付けてしまったり、そんなこともあるかもしれませんけど、昔の人を思い出しても彼らには「あの時はありがとう」という気持ちしか出て来ないので…

そう成れるなら、ですけどね。
だったら通過点で良いやと思います。

投稿: のの | 2012年6月27日 (水) 23時44分

あ、ああああ!うれしい。あの略し方が嫌でいつまでも
「スマートフォン」と言っています。フォやろフォと。

通過点に執着するでもなく無きものにするでもなく、程よい
尻の穴のサイズを見せつける内容で憎々しく思っております。


投稿: RIN | 2012年6月28日 (木) 07時10分

余談ですが。

アイフォンとスマートフォンの違いを何度聞いても覚えられない私は、時々「スマフォ」と言います。
単に滑舌が悪いだけかもしれませんが。

投稿: のの | 2012年6月28日 (木) 08時26分

>たらこさん
初めまして、有難うございます。
私が書く文章を読んで、新と猫たちとの日常を
気に入ってくださったのだとすれば本望です。
今後も率直な感想を聞かせていただけると嬉しいです、
猫が可愛いとか、頼が可愛いとか。
主に後者で。

>シータさんの彼女さん
それは大変でしたでしょう。
私なんて壊れたところで大して困りもしないくせに
無駄に防水携帯を所持しております。
蜜月。笑
職場での出会いだったんですね、
い、色っぽいですねー!・・じゅるる。

>さちこさん
人はいくつもの通過点を経験して大人になっていくものですが、
彼女とは一緒に人生を通過していきたい、
そんな風に思っております。キリっ!

今だから笑えますし、今ならできないことですね。笑

>鳥の巣さん
有難うございます。
一生懸命恋をしている間は、
「この人は通過点だろうな・・」なんて思わないものですよね。
初めての人だとしても、10人目の人だとしても、
この人が最後だ!って思うんじゃないでしょうか。

>ののさん
なってしまっても構わない、と思うお相手を
パートナーに選んだのですか?
「通過点で良いや」なんて、何だか投げやりに感じます。
私がののさんのパートナーだとすれば悲しいですよ。
何かあったんですか?

>RINさん
フォやろフォ、の発言でRINさんの
尻の穴のサイズが確定してしまいましたね、
私と同じSサイズ。
私も断固として「スマホ」と「セクマイ」は
言わないのである!

通過点に執着してしまうと通過できないですから。笑
愛と憎しみは背中合わせですよ。

投稿: 頼 | 2012年6月29日 (金) 11時46分

頼さん、私は「一緒に歩みましょう」と差し伸べられる手を振り払ってまで「通過点で良い」と述べているわけではないですよ。
パートナーと良い関係を築いた上で、彼が「まだまだ先に走って行きたい」と言うなら、「じゃあ、頑張っておいで」と見送れる立場に在りたいと考えてはいますけれど。

何かあったわけでも、投げやりなわけでもありません。
彼と私は別個の存在ですから、長い道のりに何が起こるかは分かりません。分岐点も多々あるでしょう。
そんな時に力を合わせて立ち向かえることや、共に喜びを分かち合えることも、勿論素敵だと思っていますよ。

ただ、私の中には傍には居なくとも、私の支えとなり道標となってくれている人が居ます。恋人関係にはありませんでしたが、家族のような人でした。
今は別の道に立っているその人は、紛れも無く私の通過点です。
そんな人になれるなら、と。

上手く伝えることは出来ませんが、マイナスな意味合いで述べた言葉ではありません。

投稿: のの | 2012年6月30日 (土) 21時45分

>ののさん
そうでしたか、ののさんはいつも言葉少なな方ですから。
安心しました。

投稿: 頼 | 2012年7月 3日 (火) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンクロ | トップページ | 解き放て! »