« 枕 | トップページ | 蜜との遭遇 »

その目に映る私は

モテ期というやつが訪れたと思いたいですね。

私の元に舞い込むオファーに次ぐオファー。

ドクドクと流れ込む熱いリビドー。

やれやれ、私の穴は一つしかないと言うのに。

 

 

『誘ってください』ないし『声を掛けてください』的な

完全に受け身な内容、つまりバリネコメールが多いのは何故でしょうね。

自分から誘えよ、とだけ言っておきます。

それから再三申し上げておりますが

『人見知り』をやたら強調されるのも困ります。

だから何なのでしょう?

人見知りだと言っておけば、会った時に上手く話せなくても大丈夫、

とでもお思いなのでしょうか。

初対面で緊張するのはお互い様です、私だって怖い。

それでも楽しくお話ししたいと思っているのに

会話の主導権を丸投げしようとするその姿勢、

話しをする気にもなりません。

安易に『人見知り』という言葉で保険をかけるのはやめていただきたい。

これが、天狗になっている私からのお願いです。

天狗になっているのは下半身なのだが。

 

 

 

「私と頼がモテない原因は何だと思う?」

 

 

 

蜜豆を膝に乗せながら、桃が言った。

間髪入れずに「可愛げがないところ」と新が答えたけれど

何だかんだ言っても常に穴を使っているこの女はモテるのだ。ムカツクが。

頼「可愛げならまだ私の方があるね!」

桃「はあ?ぜんっぜん無いし!」

頼「あんたにだけは言われたくない!」

AKBヲタとモー娘ヲタみたいな醜い争いはやめましょう。

 

 

 

週末は桃が泊まりに来ていた。

年末年始に実家へ帰省していた彼女は、

新の友人でもある共通の仲間たちと会ったそうで、

どうやら地元では新への疑惑が浮上しているらしい。

ずっと彼氏が居ない独身30歳女の二人暮らし、

『そう』なんじゃないかと。レズなんじゃないかと。

桃を通して探りを入れてくるのだそうだ。

桃「流石にあんたのオカンに訊かれた時は、どうしようかと思ったよ」

新「オカンがそんなこと訊いたの?!・・・直接言えばいいのに」

桃「訊けないもんなの! 良ければ適当に言っとくけど?

  コンパ一緒に行ったとか、彼氏出来たらしいとか」

桃、ごめんね。

ありがとう。

さっきは可愛げがないとかジャバ・ザ・ハットに似てるとか言って悪かったよ。

桃「頼もさ、親は疑ってると思ってた方がいいよ?

  とにかく、心配だけは掛けちゃ駄目だからね」

私がレズビアンなんじゃないかという心配と

それによって増す将来への心配。

せめて後者の心配だけは、掛けないようにしないと。

親が子供の心配をするのは当たり前だぜ!

なんて大きな声で言えない歳になった。

余計な心配を掛けないようにするのが、大人ってやつなんだろうから。

 

 

 

連休最終日は私の両親が家に来たので、

残り物のつぶ貝カレーと頂き物の氷下魚、たこ焼きを振る舞った。新が。

Kare

母は家に着くなりさっそく部屋中をぐるっと観察、

蜜豆の存在に驚き、白玉に熱烈な歓迎を受ける。

母「へえー、綺麗にしてるね」

頼「・・・(ドキドキ)」

母「・・・今も二人で寝てるの?」

頼「い、いや!最近は別々に寝てるよ(ドキドキ)!!!」

母「え、別々?!一人じゃ寒いでしょう?こんな薄い布団で」

 

 

 

一人じゃ寒いでしょう?

 

一人じゃ寒いでしょう?

 

一人じゃ寒いでしょう?

 

(エコー)

 

 

 

え、そこ?

相変わらず疑いもしない母を不憫に感じつつも

今朝仕込んだという数の子を受け取る。

さっそく一切れつまんで半分かじり、旨い旨いと言いながら

つい、いつもの癖で新の口元に残りの半分を持っていった。

新もいつもの様に私の手からパクリとやって、

旨い旨いと言いながら料理を続ける。

母「あ、あんたらそんな・・・!!!」

頼「・・・(し、しまった!!つい!!)」

母「お前の食べかけなんて、そんな汚いもの!!!」

 

 

 

そんな汚いもの!

 

そんな汚いもの!

 

そんな汚いもの!

 

(エコー)

 

 

 

き、汚くねーし。

その発想は流石に無かったわー、と反省しつつ夕餉は進み、

つぶ貝カレーがいたく気に入った母は

新からカレー粉のストックを分けてもらってご満悦。

父は彼女のたこ焼きを「永遠に食べ続けられる」と語った。

 

 

 

母「今年もよろしくお願いします。頼のこと」

 

 

 

新にそう言った母の真意は計りかねないけれど、

その目に私が幸せそうに映っているといいな。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

 

|
|

« 枕 | トップページ | 蜜との遭遇 »

書き散らし」カテゴリの記事

コメント

アンパンマン下ネタは封印じゃなかった?w

将来の事を心配するのは、親の特権。
幾つになっても子供は子供ですからね。

親孝行をしてあげれるのは、子供の特権。
声を聞かせてあげるだけでも、親は喜ぶよ。
結婚だけが、親孝行じゃないからね。

最終的に、子供が幸せなら、親も幸せだと私は思いますよ。

投稿: 日猫 | 2012年1月10日 (火) 16時07分

なんか以前にもこんな書き出しの記事有った気がしますね(笑)

北の僻地にいる私には魚を送るくらいしか出来ませんけど(Upありがとうございます!)、
何事も勇気を出して行動した方が良いですよね…って、なんか焚き付けてるなぁ。
集会?楽しそうですもんねヽ(´▽`)/

横ですが日猫さんの「子供が幸せなら」私もそう思いますね〜

お母様が策士なのか天然なのか分かりませんが、カワイイなぁと思います♪

投稿: bunico | 2012年1月10日 (火) 16時25分

ええ、人見知り強調して、誘ってください~の典型まゆですよ( ̄∀ ̄)


のんちゃんママ、ナイスです(^w^)
でも、のんちゃんが笑ってて楽しそうだから安心したんじゃないかな☆


私がインフルエンザと知ると、すぐ母はとんできたよ~。親はいつまでも娘がかわいいんだろうね。
「看病もされず、ひとりで、こんな汚い部屋で可哀想(;_;)情けないわ」ってゆわれたけどね(笑)


結婚してるから将来安心ってないと思う。私はいつまでも心配されてますから(∋_∈)

あ、DVD鑑賞会すみませんm(_ _)m
必ずまた日にち、合わせてしたいです

投稿: まゆりん | 2012年1月10日 (火) 23時20分

子が幸せならそれでいいやーって思ってもらえれば確かに最高ですよね。
うちの親は絶対にまだ無理だろうけど、
15年後ならそう思ってくれるかな、なんてたまに思います。
てか私の場合このままいくと、言うこともないんだろうな。

投稿: きよ | 2012年1月11日 (水) 00時16分

こんばんは。
密ちゃん猫タワー上れるんですね。てっきり黒くんを枕にしてるのかと思いきや逆でしたか。白くんの傷痕はまだまだお大事といった感じでしょうか。

お母さん、気付いてると思うんですが…
カムアウトしても「うん知ってる」と言われそうな気がします。

部屋探しがなかなか進まずに半ば諦め気味ですけど、使い勝手の良い部屋が見つけられるよう物件回ってきます。

投稿: のの | 2012年1月11日 (水) 01時08分

やっぱり黒蜜コンビ、素敵です!
黒豆の枕なら、私も立候補したいけど、蜜姫には
負けますね!

カムアウト、難しい問題ですが、
はっきり言わないのも親孝行、でも、暗に悟らせるのも親孝行かと思ったりしています。
私の親は、たぶんはっきり言って理解できる
世代ではなさそうなので…。

頼さんとこのご両親なら大丈夫な感じですね!

投稿: ひなた | 2012年1月11日 (水) 13時53分

桃さんの問いに新さん即答・・・ 秒殺(爆

   ジャバ・ザ・ハット って www

(エコー)の後のパラグラフの文章回しが、
(さっそく一切れ>料理を続ける あたり)
所謂「頼節」? 
キタゾキタゾー♪
こういう微妙さが大好きなんですノ ← 挙手

   で (エコー)のリフレインね(はぁと


真意ですか?
多分、おかあ様、わかってる方に 30トルコリラb

投稿: euphonium55 | 2012年1月11日 (水) 21時09分

人見知り保険、私も苦手ww!

最初から「あなたのためには努力を惜しみます」と
言われているような気がするし
実際、こちらから話しかけない限り沈黙が続くとき
ちょっと悲しい気持ちになるしね・・・(実話)

親に心配掛けないのが大人・・・ほんと。
その通りだね・・・。

投稿: Nana | 2012年1月12日 (木) 00時01分

>日猫さん
記憶にございません。

結婚が幸せだと思っている親ですからね、
せめて幸せな自分を見せ続けてあげたいです。

>bunicoさん
1回どころじゃない気がします。笑

bunicoさんが送ってくださったお魚、
友人にも両親にも大好評でした!有難うございます。
新なんて取り寄せたいと言っていました。
策士とはとても思えないので天然なんだと思います。
可愛くて不憫です・・

>まゆりんさん
世の人見知りが怒ってきますよ。笑
そうですね、例え結婚したとしても
心配させるとは思います、私の場合。

インフルエンザの具合はどうですか?
今回は残念でしたが元気になったら
またいつでも声を掛けてください、
人見知りなんで私。

>きよさん
親の年代だと、それだけという訳にはいかないでしょうね。
そうですね、時間と実績が必要です。
幸せをやってきた実績が。

>ののさん
うちに来た初日から登ってましたね。笑
白玉はまだ毛が生え揃わないのですが、傷跡は消えました。
再発しないことを願います。

うちの親はそんな器用なタイプではないんですよ。
残念ながら毛先ほども疑っていないと思います。
良い部屋が見つかるといいですね。

>ひなたさん
黒豆は蜜のことを抱き枕だと思っています。
私だって・・・黒豆の枕になりたいのに。おのれ蜜豆。

そうですね、どちらが良いかなんて分からないので
幸せでいるしかありません。
私の親も受け入れられるタイプではありませんので。

>euphonium55さん
ジャバ・ザ・ハットはむしろ私です。
頼節だなんてそんな癖のある文章ですかね、
気をつけないと。笑

だからトルコリラとか分かり難いですってば。笑
その賭けは、多分私の勝ちですよ。

>Nanaさん
嫌われたくないのは分かりますが、
まるで免罪符のように使う人がいますよね。
心配掛けないようにしても
心配するのが親なのでしょうけれど・・

投稿: 頼 | 2012年1月12日 (木) 20時18分

氷下魚、そんなに美味しかったですか!
贈り物としてはメジャーじゃないのでドキドキしてましたが、
好評で道民としてもとても嬉しいです♪

で、店によっては干し方下手だったりするので…
一応、買ったお店のURL貼っておきますね!

http://www.syake-banya.jp/


です゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

投稿: bunico | 2012年1月13日 (金) 01時47分

ジャバ・ザ・ハットに笑い転げているうちに乗り遅れたー><
あれ、私ですがな(笑)


カミングアウトは本当に難しい問題ですよねー。
でも、間違いなくご両親には頼さんが幸せに見えてらっしゃると思いますよ。

投稿: とも | 2012年1月13日 (金) 11時43分

>binicoさん
道民って響きがかっこいいですよね、府民としては。
ご丁寧に有難うございます。

>ともさん
むしろ私ですね、ジャバの称号は渡しませんよ!

そうですね、知りたくなかったと言われるかもしれないし
言って欲しかったと言われるかもしれない。
そう・・だといいのですが。

投稿: 頼 | 2012年1月15日 (日) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 枕 | トップページ | 蜜との遭遇 »