« 蜜との遭遇 | トップページ | ブロガーってやつは »

蜜との遭遇2

仔猫が他の人に拾われたことに

ホッとするよりもガッカリしている自分がいた。

拾った人はあの子を病院に連れて行ってくれるだろうか、

可愛がってくれるだろうか。

いやいやいや。

顔すら見ていない仔猫の心配をしている場合ではない、

「さてと!ご飯ご飯!」

そう独りごちた。

何もくるまれていないタオルを持って新が戻ってくるから、

テーブルを拭いておこう。

キッチンを少し片づけた後テーブルを拭いて食器を出して・・

おかしい、あれから5分は経つのに未だ戻って来ない。

携帯を手にしようとした時、再び彼女からメールが届いた。

 

 

『・・・来て』

 

 

意味が分かるはずもない私は、光の速さで電話をかけた。

「何やってんの、さっさと戻っておいでよ」

「違うの!さっき仔猫を連れて行った人、

 戻って来てまた元の場所に置いて行っちゃった!」

「ウソでしょ!それでその子は?」

「今は植え込みに隠れて出てこない・・けどすごく可愛いよ」

「小さいの?」

「とにかく来てよ・・あれ?・・暗くてよく見えないんだけど・・まじで?」

「なに?」

「・・・ねえ、ほんとに三毛・・・かもしれない」

「そんなこと。あるわけないよ」

 

 

 

「あ、やっぱり三毛だよこの子!」

 

 

 

(続く)

 

 

 

Magao

暖房の風を浴びる2匹。

そんなにぬくそうな毛皮を着て、それでも寒いものなのか。

 

 

Tansoku

草原に寝そべる少女。

この短くて可愛い足で私を踏むのです。

 

 

Tanuki

タヌキに違いない。

 

 

Tanukipan

美味しいに違いない。

 

 

明日はランキングの上の方におわしますブロガーさんたちと

呑みに行くのですよ。緊張しますよ、下半身が。


 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

 

 

|
|

« 蜜との遭遇 | トップページ | ブロガーってやつは »

書き散らし」カテゴリの記事

コメント

タイトルが秀逸ですねぇ!!

本当に奇跡の様な話ではないですかぁ〜
いや、でもこれは必然だったのですね!
そういう不思議な縁って経験有るので、そう思えます。
これはもう書籍化で行きましょう(笑)

p.s. 白玉のマジ面大好きです♪

投稿: bunico | 2012年1月13日 (金) 17時12分

蜜ちゃん・・・。
簡単に拾って簡単に捨てて・・・人って何なんでしょう。
つくづく、お二人に拾ってもらえたから良かった。

しかし、本当に三毛の色はかわいいですね!

ちなみに私も初めて実家に来た猫との関わりで、一番感動したのは「平気で人を踏みつけて歩いていく」という事でした(笑)

投稿: シータの彼女 | 2012年1月13日 (金) 17時46分

わあ!
縁ってあるんですね~。
やはり、蜜ちゃんはお二人の元に来る子だったのね~。

投稿: Nana | 2012年1月13日 (金) 20時22分

縁「えにし」とは、なかなかオツなものですね。
人と人はもちろんなこと、すべてかかわってくるもの…
次の章も興味深いです(^-^)

投稿: 涼 | 2012年1月13日 (金) 22時26分

元の場所に?そんなことあるのか?頼家に引き取られてほんまに良かったです。
コメントはじめまして、うちには13歳のミニチュアダックスが居ます。

投稿: mkaz | 2012年1月13日 (金) 23時08分

なんだかドラマチック。
人と人だけじゃなく人と猫の巡り合わせってのもあるんですね。
ちなみに私も緊張で下半身が強張っているのですが、
会うまでにほぐしておくので、抱きにくいのではという心配は無用です。

投稿: ナモ | 2012年1月14日 (土) 02時01分


     ・・・・・ サダメ ぢゃw 

  呑み会 頑張ってくださいね((○┓(ナニヲ?


投稿: euphonium55 | 2012年1月14日 (土) 07時54分

>bunicoさん
こじつけが得意でして。
むやみに軽いノリで冗談を言うのは止めようと思いました。笑
これを書籍化したら、印税で暮らせますかね?

>シータさんの彼女さん
蜜豆的には「拾われてやった」くらいの感じですけどね。笑
黒毛と茶毛の混ざり具合がたまらないです。
うちも3匹とも人を踏みつけて歩きますね、
それが嬉しいというか。笑

>Nanaさん
今となってはそうだったんだと思い込みたいですね。

>涼さん
有難うございます、
次回はついに感動のフィナーレですよ。
全米が泣きます。

>mkazさん
13歳ですか、まだまだ元気で居て欲しいですね。

>ナモさん
事実は小説よりも奇なり、ってやつです。
どうやってほぐしたのかが気になりますね、私としては。

>euphonium55さん
運命と書いてサダメですね。
頑張りましたよ、もちろん上の口が。笑

投稿: 頼 | 2012年1月15日 (日) 19時54分

そんな出会いだったとは・・
しかし簡単に拾ってまた同じ場所に置いていかれたとか
自分勝手だわぁ。
猫はわかんないけど、犬はよく人間不信になって
咬んだり怯えまくったりなるけど
猫もなっちゃうのかな?
蜜豆は大丈夫だった?

続きが早く読みたい!(>△<)

投稿: | 2012年1月17日 (火) 15時29分

さっきの名前忘れた
またズボラって言われてしまうcoldsweats02

投稿: 犬 | 2012年1月17日 (火) 15時30分

>犬さん
仔猫は可愛いですからね、
勢いで拾ってしまう気持ちは分からなくもないです、
かつて白玉を拾った自分もそうでしたから。
すごく怯えてましたけど、まだ小さくて状況が分からなかったのでしょう、
すぐに懐いてくれましたよ。

投稿: 頼 | 2012年1月18日 (水) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蜜との遭遇 | トップページ | ブロガーってやつは »