« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

ブログ納め

今年最後の更新と相成り

色々と振り返っておきたいところなのですが、

ここは空気を読んでブログについて振り返るとしましょうか。

 

 

 

これまでは細々とやっておりました当ブログ、

やはり「ブログ村」というお化けサイトに登録したことが

大きかったですね。

アクセスの急上昇と共に、横のつながりが増えつつあります。

有り難いことです。

今後ブログへの姿勢や更新頻度については変えるつもりはありませんが、

文章表現に関しては反省すべき点も多々見受けられることですし

来年の抱負としましては、ひとつ、

下ネタは封印することにします。

反省点を探るべく少し読み返してみたのですが、

ここを見たら母が泣きます。

今さら、品がどうのと言うつもりはありませんけれど

私とて親を悲しませるような真似はしたくありませんので、

『ダイエットは明日からではなく今から!』という

格言に学んで、今から下ネタを封印しようと思います。

よし、やろう。

 

 

 

それでセックスなんですがね、

なんとか年内に1回くらいはしたいところですね。

ヤリ納めと言いいますか。

自分の右手にもそろそろ飽きてきたところですしね。

新「他にやることがあるでしょう?」

そうなんですわ。

これから年賀状を書いて大掃除をし、年越しの買い出しに行かなくてはいけません。

猫たちをブラッシングして新の髪の毛を三つ編みにして蕎麦を食べて・・・

どう見積もっても時間が足りない、新の出汁を味わっている場合ではないのです。

最後まで酷いですねー。

しかしながら皆様への感謝の気持ちをお伝えしない訳にもいきませんから

簡潔ではありますが、ここに厳粛且つ丁重な言葉で、お礼申し上げたいと思います。

おおきに、また来てな!

よいお年を!

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

(今年もこうして2人と2匹、さらに1匹が加わり

毛むくじゃらで年を越すことができそうです。

来年は猫を拾わないように気をつけたいと思います。

読み手の皆様におかれましては、楽しんで頂けたどうかは分かりませんが

私は楽しかったです、有難うございました。)

 

 

 

| | コメント (9)
|

圧力をかける女

干し野菜ブームが去り、新様の次なるターゲットは

圧力鍋料理です。

Kakuni

角煮。

 

 

Gyusuji

牛すじの玉子とじ丼。

頼「あなたが私にかける圧力もすごいですがね、ぷぷ」

新「・・・」

頼「こんなに小さくなっちゃって、みんなに小さい小さい言われちゃって私」

新「・・・」

ごめんなさい。

 

 

Okai

酒の席が増えるこの季節、胃と財布に優しい「おかいさん」。

 

 

Okai2

何にでも興味がある蜜豆。

コンロでヒゲを焼いてしまい、毛先がくるんくるんです。

 

 

Agesoba_2

定番の揚げそば。

 

 

Pasuta

ミートソース。

 

 

 

続きを読む "圧力をかける女"

|
|

初めての集会

ストーブの前は毛モノたちの集会場です。

Shuukai1

新参者を連れて来た、保護者のような黒豆。

 

 

Shuukai2

元気いっぱい挨拶できました。

 

 

 

黒豆を舐めきって顔面にも平気で飛びつく蜜豆ですが

白玉には一目置いている・・ように見えるだけかもしれないけれど、

度を超えたちょっかいを出さないところを見ると

頭の良い子なんだと思います。

小さいながらに空気を読んでいる。

蜜豆が来たことで『しららとくろろ別居記』も

中途半端になってしまってますが、

今のところ半同居生活が続いている状態です。

豆コンビは『黒蜜』としてニコイチを確立しつつあり、

黒豆の元気のはけ口から逃れた白玉は、独りでのびのびやってます。

良かったと思います。

黒蜜がバタバタと走り回っているのを見て

時々追いかけようとする素振りも見せるので、

そのうち気が向けば一緒に走るかもしれません。

『元通りにならなくてもいいから、せめて同じ部屋で過ごせるようになって欲しい』

そんな風に思っていたはずなのに、どんどん欲が出るものですね。

 

 

今年中にあと1回、できれば2回更新したいのですが

おそらく画像だけになりそうです。

かしこ。

Atama

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

 

 


|
|

12月のファンタジー

記憶は残らないけれど、吐き気は残る。

これが二日酔いの小悪魔的なところです。おえっぷ。

ウコンの力を皆様にお配りしたあたりまでは

覚えているのですが・・

誰ですか早いなんて言ったのは。

早いのはセックスだけで十分です。

 

 

 


続きを読む "12月のファンタジー"

| | コメント (13)
|

明日の肴

三浦春馬オフィシャルファンサイトへようこそ。

本日も元気に、じゅるりましょうか。

Haruma_3

じゅるる。

 

 

 

昨今では、自分のブログで他のブログを褒める、

なんていう悪事が横行しているようなのですが

流行りに敏感な私としては見過ごす訳にはいきますまい。

私もやりたい、それ。

とはいえ、こんな薄ら寒いブログで褒められたところで

喜んでいただけるとも思いませんが

貢献できた暁には、ランキングボタンを連打していただくということでひとつ。

こちとら慈善事業じゃないんでね、へっへ。

 

 

つまるところレズです』さん

 

 

レズビアンブログ界の新星ですね。

まさにダークホース。

近い将来、絶大なる人気を誇るであろう逸材だと確信しております。

その表現力に潮を吹きっぱなしです。

そのうち彼女の日記をコピぺして更新するかもしれません。

こんなプレッシャーを与えるなんて、いい仕事しますね私は。

ねえ、ナモさん?

 

 

とりあえず明日へ』さん

 

 

語彙と技巧に富んだ面白いブログは数多くあれど

こんなに素直な文章を書くブログは、そうお目にかかれるものではありません。

そして読みやすい。

美輪明宏は言いました、「これからは、優しさの時代よ」と。

人が最終的に求めるものは、優しさなのです。

彼女の優しくて透明感のある文章に魅了される人は少なくないはず。

かくいう私も幾度となく股間・・じゃなくて胸を熱くしたことか。

下ネタで笑いを得ようとする下劣な私からすれば眩しい存在です。

癒されます、さくさん。

 

 

天気予報の恋人』さん

 

 

猫と写真に頼る傾向がありますが、

世界で一番好きなブログです。

 

 

 


続きを読む "明日の肴"

| | コメント (10)
|

どっちが好き?

『東成区』に過剰反応しないでください。

これまでの日記に登場したキーワードから、

最寄り駅を割り出さないでください。

待ちぶせなんて松任谷由実みたいな真似は、決してなさらぬように。

怖いので。

げに恐ろしきは、『市内に出ると頼さんと新さんを探してしまいます』とか

『○○駅周辺にお住まいですよね?』『街でお二人を見つけました!』なんていう

ホラーメールが舞い込む事は少なくありません。

見つけた!って、そんなネッシーじゃないんだから。

もちろん丁重に言葉を選んで、厳粛な返信をカマして差し上げましたよ、

「ちげーよ、それ」と。

誠意って何かね?というのはあまりにも有名な菅原文太さんの台詞ですが

誠意と書いて「より」と読みます。テストに出ます。

探すのなら玉造駅周辺の居酒屋あたりが手っ取り早いですね。

「まさや」という串焼き屋でよく豚軟骨の薫製をつついていますよ。

 

 

 

続きを読む "どっちが好き?"

| | コメント (6)
|

女神様がみてる

一人、また一人と脱落者が出てしまい

小規模となってしまった件の呑み会なのですが、

都合がつく少人数で肩寄せ合って楽しく呑みましょう。

私はといえば、一生懸命髪を伸ばしているところです。22日までになんとか。

誰が宮崎あおいですか、失礼な。

菅野美穂ですよ。

 

 

 

オフ会なんてそんな大袈裟なものではありませんが、

やはり楽しみですね、いわゆる『読者』とお会いするのは。

だって、このブログが好きだということは、私のことが好き、

ということですよね。ですよね。

ブログは好きだけど、書いてる人は嫌い、

なんてことは有り得ないでしょうから。

頼さんは嫌いだけど、新さんに会いたいから、

という方は居るかもしれませんがね。泣きますよ?

それに、このブログが好きとおっしゃるくらいなんだから

何を言っても大丈夫だろうという安心感があります。

これ以上嫌われることはない、と言いますか。

かしこまったところで散々「汁」とか「穴」とか書いてきたことですしね。

なのでこのテイストのままで臨むことにします。

 

「ブログ面白いのにね」

 

という名言を吐いたのは、きよさんでありますが、

おそらく本人は覚えていないでしょうが、

今回そういった不名誉な評価を受けないように努めますので。

 

「あれ・・なんかブログのイメージと違う・・」

 

これダメ!ゼッタイ!

ギャップ撲滅!

 

 

 

緊張して吐きそう、なんておっしゃる方が居ましたが、

大丈夫、優しくするから。

股の力を抜いて。

大丈夫、いっぱい出して、

安全日だから私。

長くなりましたが参加者様、場所と時間が確定しましたので

詳細をメールしました。ご確認ください。

緊張することなんてありません、いっぱい(自分を)出してくださいよ。

 

 

 

続きを読む "女神様がみてる"

| | コメント (12)
|

ローカル線に乗って

師走ということもあり、

今年最後のヲタ会と王将会の日取りがかぶってしまったのだが

私は王将会へ、新は1人でヲタ会へ参加することにした。

新「女は私1人だし、もし狙われたら・・どうしよう」

うん、大丈夫。

私としても、ハロプロトークに花を咲かせたいところではあったが、

数少ない友人を蔑ろにする訳にもいかないし

かつての級友たちの旦那の愚痴を聞くのも悪くない。

華「私の人生波瀾万丈だわ〜」

智「ほんとだねぇ」

華「電車で例えると乗り換えも多かったけど

  今は幸せだし、これで良かったのかも」

頼「そんなこと言ったら私どうなんの?

  性別乗り換えたって言うか、ローカル線もいいとこだよ」

華「ぎゃはーっ!何線だよって感じ!」

智「目的地どこ?みたいな!笑」

頼「終着駅は『幸福』です」

智「うまいこと言った!」

 

 

 

子持ちと病み上がり女が居るので早々に切り上げ、

華を誘って2次ヲタ会(カラオケ)に合流した。

早く来い!というメールをせっせと送ってくるわりには、

一人でも堂々とした歌いっぷりを見せる新とセンターを争いながら、

ハロプロソングをしこたま歌う。

華は臆することなく、

ヘビーローテーションやポニーテールと何ちゃらを歌唱、

ヲタ男どものニヤケ顔を私は見逃さなかった。

さっそくハイエナの如く華に群がるゆぅさん(※時々コメント覧に現れる男)を、

私の使命感が制止させる。

これ以上乗り換えさせてなるものか!

ゆ「携帯教えてくださいよ」

華「えっとー・・」

頼「ちょっとそこー!人妻ですよー!ていうかあんた!

  私の番号すら今まで聞いてこなかった癖に、ええ度胸やなあ、おい」

ゆ「や・・教えてくださいよ、のんちゃんも。笑」

頼「も、って何!?ついでかよ!」

推せよ!私を!

私の悲痛な叫びがスピーカーから流れ出た。

ま「のんちゃんのブログ、毎日読んでます!

  何度も何度も読み返して・・ほんと大好き!本にして欲しい!」

居た・・私ヲタが。

のん推しが。

私も大好きですよ、まゆりんさん。

でも本は流石に言い過ぎだわ。

 

 

 

続きを読む "ローカル線に乗って"

| | コメント (13)
|

バランス良し

Teishoku1

おからハンバーグと蓮根のきんぴら、ホウレン草ナムル、味噌汁。

ハンバーグはすりおろした人参なんかも入っていて、ふわふわで旨し!

 

 

Teishoku2

大量の蒸し焼き野菜と鶏肉のグリル、白菜のサラダ。

白菜のサラダはコールスロー的な感じで絶品。

 

 

Teishoku3

スパムとホウレン草のチャンプル、もずく雑炊。

もずく雑炊は定番化しつつあります。

 

 

Tororotoufu

私からの一品、豆腐と長芋のとろとろ焼き。

チーズは少し多目に入れるのが美味しい。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

 

 

|
|

浮いてます私

経済的な余裕がある訳でもないし

自分のことで精一杯。

何かしらの役に立ちたいとは思っていても、

この生活環境では出来ることが限られている。

そう、あれこれと言い訳をしては自分の生活を優先させてきたお前は、

一体何をやっておるのだ。

若くて健康なその体で、なにゆえ貢献しないつもりか。

ならば、お前にできることを与えよう。

一つ、命を預けるので救ってみよ。

それがお前の役割だ。

 

 

 

と、神はこう仰せになったのかもしれない。

お前何かしろよ!と。

そうして神はまた、私の前に一つの命を落とした。

ある番組で被災した女性が、

「家族も住む場所も、全て失った。神様なんて、いない」

と言っていたあの目が忘れられない。

私もそう思う。

神様なんていない。

だけど目には見えないものの力を感じざるを得ないのだ。

 

 

 

Kawaii

蜜は、どう思う?

頼「ん〜、みちゅ〜!ちゅっちゅっ!」

新「・・・溺愛してるやんか」

頼「おほん、いいえ。まだうちの子にすると決めた訳ではありませんから」

新「頼は絶対手放せないと思うね」

頼「いいえ、先住たち優先ですから」

Nakayoshi1

黒い先住男、もう離さない!

というくらいネコっかわいがりしています。

 

 

Nakayoshi2

何をするにも一緒、

こんなに世話焼きだったとは思いもしませんでした。

 

 

Warau

ありがとね。

 

 

新「それにさ、里親を探す必要は無いと思うよ」

頼「どうして?」

新「私が立候補するから」

それは日本レコード大賞並の出来レースだけれども、

私、とんでもないことに気付いたんですよ。

もうね、ピタゴラスか!ってくらいの大発見。

直角三角形の仕組み分かったー!ってね。

どちらかといえば今までは、

 

 

『白玉と新』、『黒豆と私』

 

 

というツーペアに分類される傾向がうっすら在ったのですが、

どうやらこのままでは、

 

 

『白玉と新』、『黒豆と蜜豆』

 

 

と、こうなりつつあるんですね。あるんですね。

寝る時も白玉は新の布団へ、黒豆は蜜を連れて猫ベッドへ。

つまり私だけ、あぶれているという禍々しい事態。

我が家で私が浮いてしまっているという、三平方の定理。

体育の時、ペア組んで!って言われたら一人。

海猿ごっこしたくても、バディ居なくて一人。

おーい、ふざけるなよー

誰が家賃払ってると思ってんだー

大人気無いとか言ったの誰だー

 

 

 

続きを読む "浮いてます私"

| | コメント (11)
|

恋が愛に変わっていく、酒代が医療費に変わっていく

いよいよ猫ブログ化が深刻な天気予報の恋人なのですが、

蜜豆が来てからというもの、

連日3000アクセスを弾き出しているのだから

あんたらも好っきやねえ。

ネコも猫も好きなレズタチめ!ってね、

さして笑えないシャレだって書いてしまいますよ。

お一人につき一粒、カリカリをプレゼントしたいところです、お礼と言ってはなんですが。

しょぼい?

何言ってんの、3000粒のカリカリが奴らの何食分だと思ってんの!

 

 

 

続きを読む "恋が愛に変わっていく、酒代が医療費に変わっていく"

| | コメント (8)
|

不愉快な同居人

越して来た部屋の片付けも落ち着いた頃。

素麺とオリーブが有名な某島から、

桃が大阪に出戻って来たのがおよそ1週間前。

うまいことなってる。

白玉を拾った時も確か、新が当時の仕事を辞めた直後だった。

別居している大人猫の中に、うちに来て間もない仔猫を残して家を空けるのは

あまりにも心許ないので、彼女に白羽の矢が立ったのである。

なので現在我が家には、

3人と3匹が同居していることとなる。

桃「ビール!新、ビール!」

新「はいはい、どうぞ」

桃「ご飯まだー? 頼、お菓子買って来てよ」

頼「ずいぶん態度のでかい子守ですこと」

桃「ふん、帰ってもいいんだよ?」

頼「わー、うそうそ。なんならあと1週間くらい居てください」

桃「そんなの無理だよ。冷蔵庫の野菜たちが腐ってしまう」

頼「じゃあその野菜、取りに帰ってまた出戻っておいでよ。笑」

新「ああ!蜜ちゃんが黒ちゃんのご飯食べてる!」

頼「わー!だめだめ!お前はこっちの薬入りご飯!」

そんな風情で、騒がしい数日間を過ごした。

こうして安心して会社でブログ・・じゃなくて仕事ができるのも、

彼女のおかげだ。

態度はでかいが。

全く働かないが。

2日振りに風呂に入るような不潔な女だが。

「悪口聞こえてるよー!」

風呂場から桃の声が聞こえてくる。

 

 

 

続きを読む "不愉快な同居人"

| | コメント (5)
|

おみっちゃん

『餡蜜(あんみつ)』で診察券を作ってしまったのですが

漢字にすると難しい上に呼びにくいと新にも指摘されたので

改めて『蜜豆(みつまめ)』としました。

三毛猫の三(みつ)と掛けて。

生後2ヶ月くらい、もちろん女の子です、三毛なので。

ノミ無し、耳ダニ無し、ウイルス症状無し、

毛並みの状態や人慣れしていることから推測すると

家猫の子供で、飼い主に捨てられたんじゃないかと先生は言います。

人目につきやすい神社に居たので確かにその線が濃い。

長時間泣き叫んだのか、声はガラガラです。

Omitsujpg

おめーもそんな記憶はとっとと捨てちまいな。

 

 

Omitsu2jpg

毛が長くてマンチカンの様な短い脚。

お転婆を通り越してガサツです。

黒豆はあっという間に慣れてくれましたが

問題は我が家の殿でしてね・・・

せっかく元の関係に戻りつつあった黒豆にも全力で威嚇します。予想はしていましたが。

 

 

Omitsu3jpg

みつ姫様、検便の結果お腹に虫を飼っていらっしゃるようなので

今は治療に専念します。

家族の一員にするのか里親を探のかは、まだ何とも言えませんが

どちらにしても先ずは健康体にしてやらないといけませんので。

続きを読む "おみっちゃん"

| | コメント (8)
|

病院から帰ってきました。

このタイミングなのも何か意味があるんでしょうかね。

Anmitsujpg_2

Anmitsu2jpg_2

拾いました、また。

捨てられてやがりました、こいつ。

皆様がおっしゃりたいことは重々承知しておりますが、

なんとかします。

 

 

 

| | コメント (13)
|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »