« 君に届け | トップページ | 今夜どう? »

何様って感じ

最近セックスどころか喧嘩もしてないな。

喧嘩なんてここ1、2年してない。

喧嘩しないと本音が言えない、というカップルは

普段遠慮しすぎなのでしょうね。

公共のトイレで用を足す時、水を流しちゃうタイプでしょ?

は?エチケット・・?

エチケットというのは相手への配慮から生まれるものであるけれど

トイレという場において排泄音を不快に思うのは筋違い。なので不要。

おしっこの音なんて皆受け止めてくれます。

あなたが我慢して言えないでいる気持ちも、

遠慮なく出してしまえば恋人は受け止めてくれます。たぶん。

新「頼ってさー、おしっこの勢いすごいよねー、音で分かるよ」

頼「・・・!!!」

いやほら、だって私ってば水めっちゃ飲むし・・・それに、

その・・ぐぅ・・・!は、恥ずかしい///!!!

あんたはもうちょっと私に遠慮しろよ!

 

 

 

相手に「〜して欲しい」と望むくらいなら自分でするし

必要以上に期待しないし求めない。

そうすることを美徳としてきたけれど

それって単なる諦めであって、

血の通ったお付き合いとは言えないのかもしれない。

そもそも相手に何も求めずに、欲求も自分で解消できるのであれば

2人で居る必要はないのではないか。

とはいえ歩み寄りの精神やバランスは必要で。

そんなことを5年間一緒に暮らしてやっと少しずつ分かってきた。

 

 

 

人は何かしら自分の都合を満たしてくれる人を恋人に選ぶもので、

例えば経済力があるとか甘えさせてくれるとかセックスが上手いとか。

セクシャルマイノリティ的に言及するとすれば

いわゆるタチの方はタチでいさせてくれる人、つまりネコな相手を選ぶでしょう?

条件を並べ立てて人を好きになる訳ではないけれど

誰にでもあると思う、そういうのって。

『好きになった人がタイプ』なんて眠たいことを言う人ほど

相手に対して望むことが多かったり、

がっかりする一面を見て勝手に冷めたりする。

『人それぞれ』って言葉を簡単に使う人ほど

考え方の違う人間を拒んで受け入れようとしない。どっちも昔の私なのだが。

 

 

 

新の場合は料理ができることを付き合ってから知ったのだけれど

当時の私には恋人の条件に「料理が上手」という項目は無く

新が料理をしなければ私がしただろうし、

猫が苦手であれば飼わなかっただろう。

だけど新が意外にも家庭的で金銭面においてもしっかりした

女性だったからこそ同棲に踏み切れたのも確かで、

ますます好きにさせられた要因であるのも確か。

この先新と別れることがあったら、恋人探しの際には今まで無かった

「料理が上手で猫が好きな人」という条件が追加されると思われる。

実際料理は下手でもいいのだけれど、作ろうともしない人には

やっぱり魅力を感じない。

烏滸がましくも恋人の条件というものは、お付き合いの経験を重ねる度に流動する。

頼「料理が、というか食に無関心な人は合わないと思う。

  あと猫か犬が好きで、できれば酒が呑めて、煙草は吸わなくて、

  社交的だけどお家大好きって感じで、

  金銭面はちょっとケチなくらいがいいかなあ・・

  でも大きい買い物をする時は潔くする、みたいな?

  お上品なタイプよりはカジュアルな人で、でも清潔感があって・・

  口は悪いけど本当は優しくて、みたいな不器用なのはたまらないね!

  あと地味っていうか慎ましい人。顔が地味なのは私だけでいいから

  可愛い人がいいなあ・・なんて、何様って感じだよね。笑」

新「・・・私やんか」

頼「・・・え?」

新「私やんか、それ」

え?最後の「可愛い」ってやつも?

自分で言っちゃう道重さゆみ的な?

そしてまたしても単なるノロケに終わってしまう的な?

新「私と付き合う前からそういう人がタイプだったの?」

頼「いや、全然。・・・って、あれ?」

新「でたでた。要するに私が好きってことなんでしょ?笑」

でたでた、単なるノロケ。単なる、NOROKE。

しかし相手に条件を、マイルドに言えば「好み」を希求してしまうと

自身もそれに見合った魅力が備わっていなければいけない。

そうするとまた、自分には何があるのか、

そんな疑問が覚醒するのだ。

新「何回も言ってるけど『どうしようどうしよう?』ってならない人がいいね。

  一緒に居て不安にならない人、これに尽きる」

一緒に居て不安にならない人。

新の条件は一見もの凄くシンプルだけど

それって結構ハードルが高い。

同性である私にとっては、という意味も含めて。

 

 

 


*****************************************************************

 

 

 

白玉と黒豆が喧嘩をしてからは、

猫に気を遣って構い過ぎたり、

何故かしらこの状況で家が汚いのはいけない、

という考えが頭から離れず

必要以上に掃除と片づけに神経質になってしまっていた。

この非常時にのほほんとしている新についつい

「あんたはお気楽でいいね」と嫌味を言ったら

「神経使いすぎてる頼に神経使ってるよ。笑」と言われてしまった。

そうだね、あなたはいつだって私を気遣ってくれているのに。

喧嘩に発展しないのは自分が我慢強いからだと思い込んでいる私は

本当に馬鹿だ。

何様って感じ。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

 

 

|
|

« 君に届け | トップページ | 今夜どう? »

書き散らし」カテゴリの記事

コメント

完全にのろけぇ(笑)

ちなみに、私も、猫好きで、ちょいケチで、家好きで、ちょい社交的でタバコも吸わないですよ(笑)
でも、可愛くないし清潔感ないオヤジやけど(笑)

投稿: 日猫 | 2011年11月 2日 (水) 00時17分

ほんとに、のんちゃん文才あるぅ(^O^)


普段笑わない私がブログみて、クスッってわらっちゃったり、共感したりと、、、いつも勝手に楽しく見てます( ̄∀ ̄)本にしてほしい!

おのろけいいなぁ(笑)一緒にいて、心が許せる人っていいよね。私は一人もいないかも(∋_∈)
あ、長くなったのでまた!

投稿: まゆりん | 2011年11月 2日 (水) 13時46分

のん師匠!ほんと筋がとおっててかっくいい。読みながら全部心に入ってきていつのまにか心がイッテしまってる。どうしたらそんな文章が書けるのか。。あんた天才や。

投稿: 父 | 2011年11月 2日 (水) 21時17分

新さんに嫌味を言っちゃった自分に腹立ててるんですよね。
その時々の気分に左右されて、つい甘えちゃうことってあるし、
一緒に暮らしてるとそういうのはきっとお互い様なんだろうなぁって思います。
ハッとして自分を見つめることのできる頼さん素敵です。
私の夢は、好きな人と両思いになって猫と共に一緒に暮らす、ことです。
今好きな人いませんが(笑)
私の夢を実現していて羨ましい限りですcatface
好きな人ができた時のために、まずは料理上手になろう!と
頼さんの記事をみて思いました( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: とらねこ | 2011年11月 3日 (木) 03時25分

>日猫さん
日猫さんは上品なので私とは合わないでしょう。笑
上品なおやじ・・形容矛盾?

>まゆりんさん
またまた〜
さゆのブログも無表情でお読みになっているのですか?笑
まゆりんさんはいつもニコニコなさっている
イメージがありますよ。
本。笑
印税も期待できないくらいの売上が予想されますね。
ちょっ・・・え?一人もいない・・??
あ、あれ・・・?

>父さん
いつものハンドルネームはどうなさったのですか?笑
天才というのは例外なく努力家なんですよ。
なので私は違います、言われて嫌な気はしませんが。笑

>とらねこさん
嫌味のひとつも言ってやりたいと思うのですが
言ってしまうと後悔するんですよね。
そうです、お互い様です。
嫌味なんていつも言われっ放しなので。笑
料理は男女問わず出来て損をすることはないですよね。
ちなみにとらねこさんは、
金銭面とか煙草とか可愛さとかどんな感じですか?
黒髪眼鏡の地味な女とかどうですか?
念の為です、念の為。

投稿: 頼 | 2011年11月 4日 (金) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 君に届け | トップページ | 今夜どう? »