« 大量更新 | トップページ | 褒めるところがない自慢の彼女 »

迫る女と拒否る女

引き下がってばかりではないのよ。

何でもかんでも受け入れることが愛だと言うのなら、

私はそんなの要らない!

ってね、ピシャリと言ってやりましたよ。

この勇気!

ピシャリと言った後ササっと引き下がりましたよ。

だってあの目は本気で私をミンチにしようとしていた。

新「もちろん豚ミンチに、ね?」

頼「あわわわわ・・・」

ちょっとパンツの中に手を入れて陰部をなぞっただけなのに。

ちょっと中指に力を込めただけなのに・・・

それにね、引き下がるのも勇気がいるんです。

ほら、アシタカも言ってたじゃないですか、

「退くも勇気だ!」って。

サンが退かなかったばかりにアシタカが大怪我するはめになったじゃないですか。

なので夜の戦いという名においては

この勇気をもって私の勝利と言っても過言ではない!

情事は無かったにせよ、だ。

 

 

 

あれ以来も変わらずセックスしてません。

ええ、してませんね。してませけどそれが何か?

私がセックスしていないことで何か迷惑かけましたか?

むしろティッシュを使わないのでエコですよね?

エコでクリーンな私。あなたの胸で泣いていいですか・・・

私と枕を交わしたい、という人が居たら音速でメールください。

光速でお返事致します。

「頼さんってタチなんですか?ネコなんですか?」

はいはい。ありますよ、この手の質問。

聞かれてもないけど敢えてお答えするとすればどちらでも可能です。万能です。

一家に一台、頼!

最近は「昔みたいにエロい日記書いてください!」

なんていう脳味噌を揺さぶるメールすらも来なくなりましたね。オヨヨ。

 

 

 

そんな風情でおもむろに組み敷いてみたり強引に口付けてみたりと、

飽きもせず毎晩毎晩迫っている私でありますけれど

実のところ本気で彼女とセックスしたい訳ではなく

「迫ってみるも拒否られる」、この過程を楽しんでいるというのが本当であります。

強がり?

そんなことを言う人は今すぐ「図星」という言葉の意味を辞書で引いてください。

頼「お嬢さんよ、いい加減にしないと私って女はモテるんですよ?

  私さえその気になれば相手はいくらでもいるんですよ?」

新「ふーん、じゃあ全員連れて来てよ」

頼「そうやって余裕でいられるのも今のうちだと思うね」

新「あんたのことが好きだなんて変わり者、そうは居ないよ」

頼「同感だね。笑」

新「それに私よりいい女なんて、そうは居ないよ。笑」

頼「そこも同感だね」

新「・・・」

おーおー、照れてる照れてる。

そんな新も「拒否する」という行為を楽しんでいることを

私は知っている。

たまに一瞬真顔になるの、やめてよね。

ほんとに・・・やばい・・・ので。色々と。

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

 

|
|

« 大量更新 | トップページ | 褒めるところがない自慢の彼女 »

書き散らし」カテゴリの記事

コメント

お二人は、色んな遊びを思いつきますね(笑)今度は「迫って、拒否ゲーム」(笑)次は、その遊びに私も混ぜて下さいsmileさんピー(笑)

投稿: 日猫 | 2011年9月 3日 (土) 16時51分

私も前の人に結構、拒否られて楽しんでましたよ(笑)
たまに、相手が乗ってきて焦ったり。。
私はおっぱいさえ好きにできたら気が済むお手軽な?な女だったので(笑)

新さんは、淡泊なんですね~
くっついたり、するだけで満足なタイプとか?
女性はそういう傾向が多い気がします。

頼さんは、1人上手の道を極めていきますか?(笑)

投稿: くまんぷ | 2011年9月 3日 (土) 22時41分

>日猫さん
私もたまには迫られたいものですよ。とほほ。

>くまんぷさん
掴めないお方。笑
お、おおおおっぱいでお手軽なんて!
そんな大それたこと私にはとてもとても・・

かなり極めてると思います私。
プロですね。

投稿: 頼 | 2011年9月 7日 (水) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大量更新 | トップページ | 褒めるところがない自慢の彼女 »