« ロッタラ | トップページ | 予告 »

自然体=ズボラ

いきなり込み入った話になるけれど、

同性愛者ってそんなに特別なもんなんすかね?

特別、なんていうと少数派としての優越感を持っているように聞こえるやもしれんが

そんなベンツの助手席に乗るような感覚ではなく、あくまで異端の立場としての。

昨今猛威を振るっているオネエ芸人なんかが良い例で、

今やゲイとかレズとかなんて、それこそ一山いくらの世界であって

なんならyahooオークションに出品されてそうであって

別段珍しくもなければアウトローでもなんでもないんだなと。

「煙草を吸う人、吸わない人」くらいのレベルなんじゃないかとさえ思えてくる。

 

 

 

私なんかの様に親以外は周知であったり

他者からの干渉を受けない環境で暮らしておりますと

時々自分が同性愛者であることを忘れる。

新が「同性」であることの違和感を忘れる。

あまりにも周りの人間が寛容、というか無頓着すぎて

彼女が居ることを好奇の目で見られてみたいとさえ思う。

「え、あなたレズなの?あの、巷で噂のレズ?キャー!!!やばい!!!私、レズって初めてなの!!」くらいの。

カミングアウトをする時は相手に対して

「普通に接して欲しい」とか「特別扱いしないで欲しい」なんて思いがちなのだが、

ここまで淡白だと少しくらいして欲しい。しろよ!

レズですのよ?

わたくしあの有名なレズですのよ?

理想のカップルで連想する2人はベットとティナなのよ?

もしかするとあなたを色眼鏡で見ているのかもしれないのよ?危険よ?

この眼鏡、「みるみる」と言ったら服が透けて見えるタルるート風かもしれないのよ?

そんな感じで、私自身に関心を持てとは言わないが同性愛にもう少し関心があってもいいのではないか。

 

 

 

同性愛への特別意識が薄れてきた、とはいえ私としても

新との将来に不安を感じたりマイノリティについて言及した日記を書いたりもしてきた訳だが

私の感じるところの「新と二人で生きていけるだろうか?」といった葛藤は

「同性愛者として生きていけるだろうか?」ということではなく

もっとシンプルな「愛する人と円満に暮らし続けられるだろうか?」という要素が強くなってきている。

当たり前と言ってしまえばそれまでだが。

「自分らしく生きる」という言葉はあまり使いたくないけれど、

至極自然体で生きていると言えるのだ。

これまで面と向かって「レズ、気持ち悪い」と言われた経験がないことや

両親が健在なおかげでのほほんと同棲生活を続けられていることなんかも

私を自然溢れるパプアニューギニアにしている要因であろうが

忘れてはならないのは、暮らしやすい世の中にしてくれた先駆者たちの存在。

ここに感謝の意を表したい。美輪さんとか。

 

 

 

最近のボスとの会話に変化があった。

熊「たまには飯でも食って帰るか?」

頼「え・・・と、すみません、今日はすでにご飯が用意されているんです」

熊「彼女が作ってくれてんの?じゃあ今度にするか」

さらりと言い放たれた「彼女」のニュアンスに

「she」の要素を含んでいるとはとても思えなかった。

もういい加減勘付いたのか、

それとも共有のiMacでブログを更新した時に履歴を消し忘れたのか。

おそらく、その両方であろう。大人やなあんた。

 

 

久し振りに会う友人に「今彼氏いる?」と聞かれて

面倒臭くなって「彼女ならいる」と言ってしまうズボラさ。

職場で「天気予報の恋人」を開いたまま外出してしまうズボラさ。

同性愛に対する特別意識が麻痺することにより

私のズボラさが勝手にカミングアウトしてしまっている件。

 

 

 

|
|

« ロッタラ | トップページ | 予告 »

書き散らし」カテゴリの記事

コメント

AKBの記事で熱く語るつもりがもう次の記事が。

ヒューマンドラマに属するかはわかりませんが好きだった映画は、
ツォツィ・・・過酷な現状でギャングが赤ん坊を連れ去る物語です。
into the wild・・・優等生の青年が自由を求めて旅する物語。実話です。
スラムドッグミニオネア・・・これは有名ですね。
シルミド・・・韓国の死刑囚が金日成の暗殺計画を実行する、実話です。おすすめです。

最初の3つは「青春ドラマ」とかに分類されるのかもしれません。
シルミドはとてもヒューマンドラマと呼ばれるものではないと思いますが、
観て損はしないと思います。

・・・絶交?絶好!

投稿: きよ | 2011年6月15日 (水) 22時50分

こんばんは。

頼さんの周りの人達は、『同性愛者』に接しているのではなく、『頼さん』に接しているんだろうなぁ…と、ちょっと思いました。

投稿: のの | 2011年6月16日 (木) 02時39分

こんにちはー。


私は大学のサークルの女子に影で、レズ気持ち悪いと言われていましたよー。で、男の人ともお付き合いしたことがあるとわかるやいなや、節操なしと言われました(笑)
そんな人が三輪さんを崇拝していたりするのだから笑っちゃいましたが。

頼さんの自然体で周りが同性愛者ということを異端に感じなかったりするんでしょうね。私はカミングアウトとなるとついかしこまりすぎてしまいので。
見習いたいです。

投稿: とも | 2011年6月16日 (木) 09時52分

こんにちは。私も、初めて女子(FTMっぽい人でしたが)すきになった時、とても葛藤しました。始まりが遅かったからw三十路ボンバイエーからだったからw
友達に話したら、遠ざかられるんじゃないかって思って。それに、私は彼氏も居ましたし・・・自分を肯定するために、色んな事を調べました。こちらもそのひとつです☆そして、いい出会いが出来ました☆頼&新さんには沢山ご迷惑をかけましたがm(_ _)m
でも、外に居ても、当人て結構普通なんですよねw好きな人と居るだけ。周りは、どう思っているか知りませんがw思いたければおもえばいい。だって、私も「あんな可愛い人に、あんな彼氏?ないわー。お金やな」とか思いますしw私は、彼女と一緒にお風呂に入れることが嬉しかったです。
1つの恋が終わった後、一人だけに打ち明けました。その子は、何も言わず泣いてくれました。それが、とても嬉かったです。
結局、人との繋がりの深さや、懐の深さが偏見を持たせないのであって、また、違う人の性格が偏見を持たせているんじゃないでしょうか、十人十色。どういう形であれ、愛する人の側にいれることの素晴しい環境を、今日もいっぱい感じて頼さんは自然児wでいてほしいなと思います。そして、これからも続くように。

投稿: 日猫 | 2011年6月17日 (金) 13時09分

>きよさん
2位でしたね、彼女。

きよさんの映画の好みが何となく分かってきましたよ。笑
ツォツイは気になってたんですよね。
実話ものは私も好きなので観てみようと思います。
どうもありがとう。

>ののさん
そうだとしたら嬉しいことです。
恋愛が全てではありませんが、新ありきの私ですから
その存在を嫌悪されることは私自身への嫌悪だと受けとめます。

>ともさん
私も影では言われているかもしれませんけどね。
一途に付き合っているのに失礼しちゃいますね、
二股をかけていたら節操なしと言われても仕方ないですが。笑
女性にとって三輪さんは異性なので気にならないのかもしれませんね。

私も数年前までは肩に力入ってましたけど
だんだん慣れてきて完全に麻痺してしまっています。
危険なことかもしれないですが、親以外はこの気楽さでいいかなと・・・

>日猫さん
三十路ボンバイエ、それが言いたかっただけにしか思えない。笑
良かったですね、話せる人が出来て。
日猫さんの話は私だって涙が出てきますよ・・・別の意味で。
私なんかは繕うほどの体裁すらないですからね、
初めから好感を持って接してくる人なんて居ないですし
そういう意味では何を思われても平気です。

投稿: 頼 | 2011年6月20日 (月) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロッタラ | トップページ | 予告 »