« 野菜カレー | トップページ | 手巻き寿司 »

キャットトイ・ストーリー

Harinezumikun

白玉に初めて買ったおもちゃ、ハリネズミくん。

お腹の部分を押すと、プープーと鳴く。

何度おもちゃ箱に片づけても、

いつの間にかベッドに運び込んでは添い寝をさせている。

 

 

当時は勢いで白玉を拾ったものの、

猫なんぞを飼うつもりは毛頭なかった。

里親が見つかるまでの短期間とはいえ、

おもちゃの一つも無いのを不憫に思い、

ペットショップで適当に選んだ処分品。

150円かそこらだった。

 

 

白玉は小さくて、ハリネズミくんと同じくらいの大きさだった。

その体が倍くらいになった頃、

ようやく見つかった里親候補に、

「別の人に決まりました」と嘘をついて断った話は有名である。

 

 

 


あれから4年、我が家は常に新しいおもちゃで溢れかえっているというのに

その時のハリネズミくんが、今でも白玉のお気に入り。

お前にボロボロされて壊れてしまったハリネズミくんは、

もう鳴かなけれど。

2shot


 

 

 

|
|

« 野菜カレー | トップページ | 手巻き寿司 »

撮りっぱなし」カテゴリの記事