« しららとくろろ27 | トップページ | アスパラと大根の肉巻き »

フリー・プレイ

「付き合う」の定義が未だよく分からない29歳。

どちらかが付き合いましょうと言って

承諾した時点で成立するのであれば

付き合ったと言える人は過去に4人、

全員男性。

肉体関係はあっても、「付き合った」に含まれない人は

男女共に数人。

この線引きは、個人によって様々であろうが

付き合ってもいないのにセックスするなんて信じられないという人も居れば

ネットで知り合って、1度も会ったことがないのに

付き合っていると言う人も居る。

カオス。

 

 

 

自分から好きになった人は新と宝ちゃんだけ。

よって告白した経験は2回、失恋の経験は1回。

30を目前にしてこのスペックはどうなの・・・

男性に対しては好きだと言われて興味を持ち、

その後恋心へ発展したりしなかったり。

だから男性が恋愛対象にならないという訳でもないし

自分から好きになった人が女性なのも、たまたまかもしれない。

自分がバイセクシャルなのかレズビアンなのかどうかも

未だよく分からない29歳。

新と生きていくのに敢えてバイセクシャルを主張する意味もないが。

 

 

 

新とはセックスする関係になっても

「付き合いましょう」という言葉がお互いに無いまま

一緒に暮らすようになり、現在に至る。

だから適当に決めた記念日を

大して盛り上がりもしないのに祝ったりしている。

頼「ん?待てよ・・・私たちって付き合ってるの?」

新「・・・付き合って・・・ないとも言える?」

頼「付き合う?笑」

新「お断りします」

頼「彼女じゃないなら、このテレビもこのソファも、勝手に使わないでくださる?」

新「ぐぐぐ・・・」

頼「ふっふっふっ」

新「さてと、ご飯作ろっかな、1人分!!」

頼「ぎゃー!!!ごめんなさいごめんなさい!!!」

そんなわけで『付き合ってないプレイ』が大流行している。

事あるごとに「付き合ってないし〜」と言っては内輪ウケ。

頼「フリーだからブログで恋人募集してみよう、『天気予報の恋人募集』笑」

新「私に殺到するに決まってるやんか」

・・・。

新の募集には自分が応募すると言った時の

彼女の嬉しそうな顔を私は見逃さなかった。

 

 

 

今日は暇なので以下駄文。

常に駄文。

 

 

 

※未見の方はご注意を。

 


何となく今まで敬遠していた「カールじいさんの空飛ぶ家」。

冒頭15分が素晴らしい。

どことなく「つみきのいえ」を連想させる、

慎ましくも幸せな夫婦生活の回想シーンが切なく、

開始15分で涙が止まらなかった。

この15分が本作の全てというのが正直な感想。

ジブリとピクサーに関しては期待するなと言れれても無理。

必然的にハードルが上がってしまうのだが

これは勿体ない。

空飛ぶ家なのに飛んでいる家の中で過ごす時間が短すぎるし、

悪役の存在に必要性を感じず、彼の最後が救われない。

殺しちゃってはブラックすぎて笑えない、あんまりだ。

少年のキャラが弱いことも気になるがこれ以上言及するのも野暮。

いやもう十分野暮か。

しかし流石はピクサー映画、

テニスボールで作った杖や、翻訳機でしゃべる犬、

家を浮かせる為に思い出の家具を捨てていくシーン、

毎回最後まで楽しませてくれるエンドロールなど

全体的に小細工が随所に垣間見られ、完成度が高い。

次はいい加減「トイ・ストーリー3」を観よう。

 

 

 

何も考えずに楽しめる「なくもんか」。

前半の面白さに比べ、後半の雑さは一体何なんだ。

あまりのトーンダウンに戸惑っているうちに終了、唖然。

ハムカツが美味しそうだし、竹内結子が綺麗なので

まあいい。

 

 

 


「かもめ食堂」と「めがね」は何度も観たいと思えるが

二度と観ることはない「プール」。

相変わらずの淡々とした世界観と美味しそうな料理、

センスの良いインテリア。

謎だらけの登場人物に干渉しないところも肌に合う。

好きなはずなのに、これは浸れなかった。

一見、前2作と同系に思えるが全く別物で、

癒されようと思ってはいけない。

我が子と離れてまでしたい生活とは?

そしてそこで他人の子供を世話する心境とは?

私みたいな浅い人間には分からないことだらけ。

 

 

観る人を選ぶ映画が好きなのだが

最近重い映画を観る気になれないのはどうしてだろう。

 

 

 

|
|

« しららとくろろ27 | トップページ | アスパラと大根の肉巻き »

書き散らし」カテゴリの記事

コメント

頼さんの恋愛人生は、結構、スゴいと思いますよ(笑)フラれたのが、一回だけなんて、今、好きな人と一緒にいれるなんて、勝ち組ですよ(笑)

ちなみに、私も、重い作品は見れません
今は、受け入れる余裕が無いのが、私の理由です。
泣くも、笑うも、怒るもそこには、体力と気力がいるから、今はその体力を、生活以外に使う程余っていない気がするんです。目の前の事以外に目を向ける事がデキナイ人生は、寂しい人生デスガ…
余裕が欲しいなぁ

投稿: 日猫 | 2011年4月 5日 (火) 21時55分

>日猫さん
回数が少ないのは恋愛経験が少ないだけです。
勝ち組・・・?私はさくら組がいい。笑

娯楽のはずの映画で
余計に落ちちゃったりすることってありますもんね。
新なんて時々
教育番組の中国語講座とか観てますよ。笑
疲れてるのかな・・・
目の前の事すらきちんと出来ないのに
外ばかり目を向ける人よりマシですよ。

投稿: 頼 | 2011年4月 6日 (水) 18時03分

いつか大切な人と一緒の時間がすごせたらいいなぁ☆ そんなこんなで、時間がどんどこ過ぎていく・・・。ビールが恋人です(笑)メガネは、大好きでDVD購入しました。撮影地が実家の方なんで落ち着きますね(◎´∀`)ノ 何回見たでしょう。再生にしても普通に、洗濯とか掃除とかしながら・・・。映画の雰囲気が好きです。

投稿: ほしぶどう | 2011年4月 8日 (金) 09時16分

>ほしぶどうさん
私なんて右手が恋人ですよ。笑
ご実家があんなに素敵なところなんですか、
羨ましい・・・
分かります、あれほど何も起こらない映画も珍しいですよね。
深夜に流れている「映像散歩」みたいに、
ただ流しているだけで癒されます。
みんな仕事していないのにずっとビールを飲んでいるという。笑
ほしぶどうさんはたそがれ上手とみた。

投稿: 頼 | 2011年4月 8日 (金) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しららとくろろ27 | トップページ | アスパラと大根の肉巻き »