« 青空がいつまでも続くような未来であれ | トップページ | そっくりさん »

ルーツ

会社が独立して1年。

事務所を引っ越すこととなった。

もう随分前から決定していたのだが

伸ばし伸ばしになっている。

ぶっちゃけ面倒臭い。

熊「広くて古い部屋と、狭いけど新しい部屋、どっちがいい?」

頼「広くて古い部屋!」

熊「トイレが和式でも気にしない?笑」

頼「平気ですけど今時珍しいですね」

熊「お前みたいな奴も珍しいけどな・・・」

風呂無しぽっとん便所の長屋で、12歳まで育った女ですぞ。

ガラス張りの高層オフィスで働くよりも

古民家での勤務希望。

 

 

そうだった、その頃暮らしていた長屋は

阪神淡路大震災で破損して引っ越すことになったんだった。

忘れてた忘れてた。

当時は恐怖や悲しみよりも、

引っ越すことが嬉しいだけの子供だった。

今でこそ実家はごく普通の一軒家だが

2DKに家族5人、昭和の古き良き時代の名残に包まれ、

貧乏ながらに幸せだったな。

私の古家好きのルーツは幼少期にあり。

 

 

2dan_2

2LDKに2人と2猫。

十分十分。

新「貧乏だけどね・・・」

チロルチョコ買ってあげるから黙りなさい。


Beddo

ベッドなんて買ってもらえなかったんだから。

 

 

 

熊「大阪の地形に詳しい不動産屋が言ってた。この辺りに津波が来たら、

  3階まで水が上がってくるから4階以上に避難しろって」

頼「・・・うち、駄目じゃないですか」

そうなったら、お隣のガラス張りの高層オフィスビルに

避難させてもらうことにしよう。

 

 

※画像ページを更新しておきます。

 

 

|
|

« 青空がいつまでも続くような未来であれ | トップページ | そっくりさん »

書き散らし」カテゴリの記事

コメント

またなんと奇遇な。
私も小3までは、東大阪で風呂なし、ぼっとん便所のボロ屋に住んでいました(笑)もちろん、トイレットペーパーなどなく、わら半紙みたいな紙を使用・・・
近くの銭湯に行ってたのが懐かしいです。
その頃は猫がすごく嫌いでした。さかりの鳴き声が怖すぎて(苦笑)

投稿: シータの彼女 | 2011年3月23日 (水) 14時26分

追記:
1個前の記事のコメント返していただいたの、今みました。仰せつかっていただき(?日本語が変??)ありがとうございます!(笑)

投稿: シータの彼女 | 2011年3月23日 (水) 14時29分

【動画】キムボムと一般女性の熱愛が発覚!!

キムボムが一般女性と熱愛中だったことが流失した動画により発覚しました!

http://plaza.rakuten.co.jp/msoaaw

ホテルの前で抱きしめあっていたり、濃厚なキスをしていましたw

http://plaza.rakuten.co.jp/msoaaw

投稿: 【動画】キムボムと一般女性の熱愛が発覚!! | 2011年3月24日 (木) 14時16分

>シータさんの彼女さん
さすがにトイレットペーパーはありましたけど。笑
貧乏でしたが銭湯通い以外で
不自由を感じることはありませんでした。
私は黒猫が苦手でした、
今は大好きです黒猫。

投稿: 頼 | 2011年3月31日 (木) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青空がいつまでも続くような未来であれ | トップページ | そっくりさん »