« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

しららとくろろ22

Photo_5

ストーブ前は人気の猫スポット。

 

Photo_7

上から見るとこう。

 

Photo_6

縦列駐車。

 

Photo_8

「仲良いね〜」なんて、からかおうものなら睨まれる。

 

 

|
|

晩酌の友

Photo

晩酌に付き合う黒いの。

 

Photo_3

もしかすると呑み過ぎないように監視しているのかもしれない。

 

Photo_4

そ、そんなに見つめるなや・・・スルメを。

 

 

|
|

話長いねんて

黒豆は普段すごく大人しい。

ぼーっとしている姿は、

遠くから見るとまるで黒いボウリングのピン。

Kuro1

 

※実際

Photo_11

 

 

近寄っても無反応。

Kuro2

 

 

うずくまるその姿はふんわり丸っこく、

巨大なまっくろくろすけ。

Kuro3

 

※実際

Photo_9

Photo_6

ぼんやりしている最中はつっついても抱きしめても無反応。

 

 

だけど唇だけは決して許さない身持ちの固い男である。

Kuro4

 

 

※お客さんと電話中に書いたらくがきから抜粋。

 

|
|

トマトスープ(調整日)

頼「お前たち、早く自分の家にお帰り。

  ここに居ても何も良いことはないよ」

新「また話かけてるの?笑」

毎晩全身鏡の前で素っ裸になり、

図々しく居続ける肉どもに話かける。

目を逸らさず、脂肪と向き合うこと。

体重計には毎日乗ること。

腹筋よりもお腹体操が効果的。

新「へー、腹の肉減ったね」

頼「でも体重が少し増えてしまった・・・」

新「それよりも足の短さを何とかしたら?」

無い物ねだりという言葉は知っているかね?

この女は腹が出るどころか骨盤はくっきり、

あばら骨なんて浮いちゃっているのだ。

まるで私が食わしていないみたいではないか。

 

 

旨いものは心を満たし、精神を豊かにしてくれるが

野放図に食べ続けてはデブに逆戻り。

何を見て喜ぶのかが分からないまま終わるのも

デブに戻るのも、そんなのは嫌だ。

初心忘れるべからず、カロリー調整を怠るべからず。

Tomato_2

野菜とキノコどっさりで旨し!

トマトっちゅうやつは、誰にでも合わせてしまうのだから悪い人。

 

 

何かのテレビ番組で、

好き放題に食べさせた猿とカロリーを管理された猿を

比較する実験をしていたが

その毛艶や肌の違いに驚いた。

月に一度は、1日800キロカロリー以内に抑える日を作ると

老化予防となり、若さを保てるのだそうだ。

 

締まっていこうぜ!

 

 


|
|

平和主義

Photo_2

新様、つっぷして寝ておられます。

 

 

Kuro

同じ光景。

 

 

 

AKBファンの皆様へ。

タイトルの意味を知りたくば、これを観よ。

 

 

 

続きを読む "平和主義"

| | コメント (4)
|

皿うどん

Photo

ああ、眠たい写真になってしまった・・・

この皿うどんも結構よく出る。

パリっとした細麺と、野菜がどっさり入った熱々の餡がたまんない。

欲を言うなら、うずらの玉子が入っていたら尚嬉しい。

旨し糧!

 

 

|
|

しららとくろろ21

やばいやばい、さぼりすぎてとうとうケツに火が付いた。

今週は納期前でニャロになりそうだが、

3分ブログくらいは弁当を食べながらでも更新可能。

 

Shirakuro1

おっと、椅子取り合戦開始か。

 

Shirakuro2

と思いきや、おやまあ・・・

 

Shirakuro3

久しぶりに風呂に入れて丸洗いしたので

毛皮ふっかふか。

強いて指摘するならば、どうして私だけいつも地べたに座っているんだ。

しかもよく見ると、新はクッションを2つとも独り占めしたファーストクラス。

白玉と黒豆がビジネスクラスで私はエコノミーといった感じか。

 

 

|
|

豚の生姜焼き

Shougayaki2

玉葱いっぱいで嬉しい美味しい大好き。

 


Shougayaki1

ひじきの煮たやつと、かき玉汁でバランス良し。

なんと、前日の残り物である小龍包がかき玉汁に変身しているではないか。

皮がワンタンみたいだし、タネもほぐれて良い具合。

美味しゅうございました。

 

 

|
|

正しい惚気のススメ

カッコーの巣の上で、レインマン、紅の豚、ハウルの動く城、

おくりびと、博士の愛した数式、武士の一分。

この1週間で観たDVDの顔ぶれ。

どういう訳か昔から、漫画、映画、本の

いずれかに打ち込む期間を、波のように繰り返す。

どうやら次は映画の波が来てしまった。

こいつは一番金がかかるので厄介だ。

前回の波で集めまくった映画関連のグッズや本は

新に売り飛ばされてしまった。

当時は最新映画情報を全て把握していたし、

某サイトでレビューを書くほど熱心だったな。

だけどグッズに金をかけるくらいなら

ランドセルの一つでも寄付した方がずっと有意義だから

今回は手を出さないようにしよう。

 

 

頼「ほー!なるほどね〜賢いねえ」

新「なるほどなるほど・・・やっぱ賢いね!」

私がレッドクリフに熱くなる傍らで、

新がiPhoneの頭脳系ゲームに没頭。

私は諸葛孔明を、新は自身を、口々に褒めちぎる。

「はう〜孔明っちゅうか金城武、格好良すぎる・・・」

「ねえねえ頼、これ解いてみて」

「ん〜?邪魔しないでよ」

「お願い、これだけでいいから」

「ん〜・・・」

「わあ!できた!あんた賢いねー」

「孔明と呼びなさい」

同棲歴の長いカップルの大半がそうだと思われるが

私と新は一緒に居ても別のことをしている。

各々が好きなことをしながら、勝手にしゃべっているというフリースタイル。

相手に合わせることもなければ、いちいち関心を持ってもらいたいとも思わない。

しかし、その距離は近い。

およそ1畳くらいのスペースに、人間2人と猫2匹が固まり、体のどこかは触れている状態。

「もう頼!寄っかからないでよ、重いんだから」

「トニー・レオンもやばい・・・素敵」

「レッドクリフって一体何の話?」

「三国志読んだことある?」

「ない」

「ちゅうか『〜未来への最終決戦〜』て要る?余計な邦題つけないでもらいたいね」

「え、質問の答えは?笑」

「チーリンのこの美貌!くーっ、安酒が旨くなるね!」

「酒臭っ」

CMの度に新にキスしていたら

くっつけていた座椅子を離されてしまった。

無礼なこの女、レッドクリフどころか

ジブリもディズニーもジャッキー・チェンも

当然ハリーポッターもスターウォーズも観たことがないという。

私なんかと付き合える、変わり者の所以だ。

頼「つまんない女」

新「あんたほどじゃないけどね」

頼「つまんないけど顔だけは美しいね」

新「あんたは顔もつまんないけどね」

頼「きーっ!!!あんたを殺して私も死ぬ!」

新「だめだよ、頼は生きなきゃ」

頼「し、新・・・」

おかしいな、ブラックユーモアを展開したかったはずなのに

また単なる惚気で終わってしまった。

 

 

未だフォレストガンプを越える作品には出会えていない。

 

 

| | コメント (6)
|

野菜の肉巻き

Nikumaki

新夜食堂定番メニュー。

中身は毎回違うのだが、これは人参と大根、シソが入っている。

にんにくとシソの組み合わせがいいんだよね。

大好きー

 

 

|
|

ふわとろ天津飯

Tenshinhan1

蟹身の缶詰と海老を使ったちょっと贅沢な一品。

 

Tenshinhan2

もうこれ絶品。

蟹身がいっぱいの上品なあんが旨い。

お店で出せるよ。

 

 

|
|

知らないことだらけ

私がまるで家事をしない女だと思われては

大変不名誉なので言っておくが、

掃除や片付けは私の仕事だ。

食器洗いと部屋の片付け、風呂掃除くらいは毎日する。

放っておくと新がテーブルの上を物だらけにするし、

料理はするくせにキッチンまわりを全く磨かないし。

頼「たまにはシンクを磨きなさいよ」

新「なんで?頼がやってくれるやんか」

頼「・・・」

新「あんたもたまには料理しなさいよ」

頼「なんで?新がやってくれるやんか」

得意な持ち場で活躍しよう。

 

 

夜は歯磨きを2回する癖がある。

そのせいで歯ブラシの劣化が早いわけだが

知らない間に新しい物に替えられている。

なんだかんだ言って、私のことをよく見てくれているんだ。

じーん。

新「あんた2回も歯磨きするの?知らんかった・・・」

4年も一緒に住んでるのに?

がーん。

見ているのは私ではなく、家の物だった。

 

 

空になる前に注ぎ足されているシャンプー、

いつも清潔な枕カバー、

常に補充されているトイレットペーパー、

瓶に詰め替えられた調味料、

いつの間にか無くなっている請求書、

数えるとキリがない。

目を凝らしてみると、私がしていることなんて微々たるもので

やっぱり敵わないや。

 

2回歯を磨くのはキスするためなんだけど

きっとそれもあなたは知らないんだろうね。

 

 

| | コメント (2)
|

ジミー

Shi7

白玉の中で非常に流行っている、謎の行動ジミー。

地味だけどちょっとすごい。

本猫もどや顔するので難易度の高い技なのだろう。

 

 

|
|

ギンガムチェック

Gingamu_2

先日の水玉に続き、ギンガムチェックの面々。

同じように見えるかもしれないが全然違う。

左上なんてワンピース(SM2)だし、その下のやつは7分袖(Ciaopanic)。

 

 


B338f93e_640

なんと愛しのさゆ嬢が、私の好きな水玉を

昨日お召しになっておられました。

はあ〜・・・可愛い可愛い可愛い・・・

同じ柄なのにこうも違って見えるものか。

 

 

| | コメント (0)
|

黄色いシチュー

Kiiro

冬という季節があって良かった。

 

 

***********************************************************************************

Pepe

キノコと鶏肉のペペロンチーノ。

旨し糧!

 

 

|
|

円満の秘訣

もうね、耳にイカが出来るくらい言っていると思うけれど

私はカラオケが大嫌い。

正確には、嫌いだった。

歌うのは好きだけど、窓の無い空間が息苦しいし

大きい音が苦痛で仕方ない。

それに何が嬉しくて、金を払ってまで素人の歌を聴かねばならんのか。

歌いたければ一人で行けばいいだろう、

オナニーは一人でやってくれ。

 

 

「カラオケ行く?」

この一言で新の顔がパッと明るくなる。

無言で私の手を握りしめ、こくりと頷く。

「うん」じゃなくて本当に「こくり」と言う。

この顔が見たくて、自分から誘うようになったのが始まり。

週末は2人で3軒ハシゴして、

いい気分のままカラオケ屋に直行。

どうせならラブホに直行したいところだが

ここは我慢してお楽しみは後に取っておこう。

じゅるる。

 

 

2週間に1度は来る、週末2時間飲み放題の女2人。

店長にすっかり顔を覚えられてしまった。

名刺を渡され、自己紹介までされた。

「今日も飲み放題ですよね?笑」

野暮なことを聞くんじゃないよ。

この人は、きっと私たちが帰った後に履歴を見るんだろうな。

通い始めは、カムフラージュとして

流行りの曲やおされな洋楽なんかを途中に挟んだりもしたが

今では2時間びっしりモーニング娘。

他の曲が入る隙なんてナッシング。

曲の一番おいしいところで飲み物を運んで来られると

新があからさまにがっかりするのでウケる。

スタッフが皆笑いを堪えている様に見えるのは

気のせいかしら。

面白いのは選曲ですか?それとも飲酒量?

新「アル中〜♪アル中〜♪」 ※AKB「ヘビーローテーション」のメロディーで

その歌やめれ。

 

 

「リゾナントブルー」1曲で息が上がる。

この運動量を何曲も続けるなんて化け物だよ、

音痴とか言ってごめん、さゆ。

彼女たちは凄い。

当然帰宅後は疲れ果ててお楽しみなんぞ出来るはずもなく、

次の日は筋肉痛。

体重も大幅に落ちている。

カラオケダイエット。

 

 

モーニング娘。は私をカラオケ好きにし、

さらには夜を使いものにならなくしてしまう

小悪魔集団だ。

新「今日も盛り上がったねー!楽しかった〜」

頼「最高っすねー」

新「もう頼以外の人とは行けない体になってしまったよ。笑」

小悪魔集団は私たちに共通の趣味を与え、

恋人仲をさらに円満にしてくれた。

帰り道はいつも、人目をはばからず大声で歌いながら

手を繋いで帰る。

 

 

私たちのセットリストはこちら

 

 

| | コメント (4)
|

タコライス

Tako

ぶっちゃけテンションの下がるメニューだと思っていたが

ごめんなさい、私が悪うございました。

新様改め、神様。

週1くらいで食べたいです。

旨し糧!

 

Tako2

その旨し糧(レタス)を狙う、色黒男。

この男、意外にも草食で、もやし、キャベツ、白菜が好き。

キノコを貪る姿を目撃した時は腰を抜かしそうだった。

肉には全く興味なし。

 

 

|
|

水玉

Mizutama1

リバーシブルのオーバー。(NATURAL LAUNDY

 

Mizutama2

シャツ。(Kastane)

 

Mizutama3

こら。

 


Mizutama4

半袖セーター。(NATURAL LAUNDY)

 

どうやら自分は紺地に白の水玉が好きなんだと気づく。

 

 

Mizutama5

カメラストラップも水玉。

 

 

| | コメント (4)
|

年寄り飯

Aji

やっぱりこういうご飯がありがてえ。

頼「アジ大好きー!」

新「アジわって食べなさい。笑」

・・・。

 

Nerau

魚を狙うむくむく。

 

 

******************おまけ******************

 

Jamu

新のお手製りんごジャムで朝ご飯。


Beguru

ちなみに新はベーグル狂なのだが

私にはいまいちその美味しさが分からない。

 

 

|
|

ぼそっと9

毎日仕事終わりの新からメールがくる。

『今日ニャロ?』

返信する。

『ちょいニャロ』

 

 

8時台はニャロじゃない。

9時台ならちょいニャロ。

それ以降はニャロ。

 

「今日も遅いの?」

   ↓

「今日も遅め?」

   ↓

「今日も遅め?ニャロメ?」

   ↓

「今日もニャロメ?」

   ↓

「今日ニャロ?」

 

『今日ニャロ?』は私の帰宅時間を確認するメールが

長い時間をかけて驚異的に変化した最終型である。

4年半の歳月とともに、会話の仕方やメールの内容は少しずつ変化し、

自分たちにしか通じない言葉をいくつも生み出してきた。

きっとこれからも多くの言葉を作り出すのだろうけど

「好き」という言葉はやはり原型のままがいいな。

 

 

やばいやばい、下らないことを書いていたら

ちょいニャロじゃなくなってしまう。

帰ろう。

ニャロだと返信する日をもっと減らさないと。

 

 

| | コメント (2)
|

ロールキャベツ

Roru

キャベツやわやわ、甘い。

肉汁の旨味が交わったスープがたまらん。

あかん・・・この旨さ、泣けてくるで。

 

Atuage

厚揚げ焼いたやつ、大好きー。

 

 

|
|

白玉になりたい

Gyu


Chu_2

お願い、1日でいいから代わって。

 

 

|
|

しららとくろろ20

Cube

※黒豆中に入ってます。

昔こんな飴があったな。

2個で1組のカラフルなキューブキャンディー。

 

Zaisu

まさかの1猫1座椅子。

 

 

|
|

ZombieBooth Lite

「頼・・・私たちこれからどうすればいいの?

 もう終わりだよ」

「わからない・・・先が見えない」

「これ以上続けたって意味ないよ」

「うん、もう終わりにしよう。今ならまだ間に合う」

「でもこれから何を生き甲斐にすればいい?」

「こんなに辛いなら、好きになんかならなきゃよかった」

 

 

秋のツアーをもって、高橋愛ちゃんの卒業が決定。

亀井絵理ちゃん卒業の傷が、

ようやくカサブタになりかけていたのに。

まだ立ち直れてもいないのに。

愛ちゃんのいないモーニング娘。なんて、

蛸の入ってないたこ焼きだよ。

鶏肉の入ってないチキンライスだよ。

おめでとうなんて言えない、

笑顔で送り出してなんかやれない、

天使なんかじゃない。

新「はあ〜〜〜・・・何か楽しいことないかな」

頼「楽しいことねえ・・・セックスでもするかい?」

新「・・・」

頼「は、春のコンサートが待ち遠しいね!」

新「頼、眼鏡取って」

頼「え、は、はい・・・(ごくり)」

そんなに見つめられると濡れちゃうー。

 

 

続きを読む "ZombieBooth Lite"

| | コメント (3)
|

黒毛和牛ステーキ

Niku

母が持ってきてくれた黒毛和牛のステーキ。

こいつを食べるためにお昼は400キロカロリーに抑える。

Niku2

ヒレ肉はレアで。

柔らかくて絶品!旨し!

 

 

|
|

漫画日和

新「さてと、忘れ物は無かったかな?」

頼「私じゃないっすか?」

新「あほ」

行ってらっしゃい。

 

 

予定のない休日は、猫と隠れんぼしたり、猫を肩車してぐるぐる回ったり、

猫とすべらない話をして過ごす。

至福なり。

そんな私の休日を「暇で可哀想」と勝手に解釈し、

突然押し掛けてくる中年夫婦。

母「あれ?新ちゃんいないの?」

頼「実家に帰ってるよ」

母「そうなの、せっかくお肉持って来たのに」

頼「わーい」

母「あんたは太るから食べるな」

ひどい・・・

新がいないことを知ると、突然遠慮がなくなるおかん。

寝室や洗濯物、冷蔵庫をチェックする。

母「この洗濯物の量は何?大家族?笑」

頼「(私には任せられないから)新が全部やって行ったの」

母「ふーん・・・あら、お前たち、

  こんな小さい掛け布団1枚に2人で一緒に寝てるの?」

頼「そうだけど・・・(どきどき)」

母「寒くない?」

え、そこ?

くっついて寝るから平気だよ。

1つのベッドに2つの枕が並んでいる光景にも

全く疑うことを知らない両親が、自分の親ながら信じられない。

Shirara

『いらっしゃい』

父「お前んちの猫はどうして人の体を踏んで歩くんだ?」

人間を舐めているからです。

 

 

1人の時間も暇も大好物である。

作者の都合か何かで、確か20巻くらいで

連載が止まっている漫画を押入れから引っ張り出し、

1巻から読み返す。

小うるさい女が居ないので伸び伸び読めると思ったのに

内容が頭に入らない。

没頭できない。

・・・。

・・・。

・・・。

さ、寂しい・・・

新が隣でカチヤカチヤとキーボードを叩く音、

完璧な音程でモー娘を熱唱する声、

白玉と喧嘩する声、うたた寝中のいびき・・・

そういうのが無いと落ち着かない。

きっと私は「1人の時間」が好きなのではなく

「新が隣に居て自分の好きなことをしている時間」が好きなのだ。

「1人でいるのと1人になってしまうのは違う」とヤスも言っているし。

私も変わったもんだな。

 

 

小さい蓮はハチとタクミの子で、皋はナナとレンの子なんじゃないかと思う。

考えすぎかな。

 

 

| | コメント (5)
|

しららとくろろ19

Kuroino

ロイヤルカナンのダイエットフードで

見事理想の体型を手に入れた黒豆。

腹肉が取れ、毛皮にも艶が出て美しいフォルムに。

 

Shiroino_2

逆に太った白玉・・・

何故・・・

 

 

|
|

つけ麺

Tukemen

我が家がよくお世話になっている「つけ麺の達人(日清)」。

これがなかなか、いける。

安いし。

 

Tukemen2

蒸し鶏が欲しい白玉。

 

 

|
|

しららとくろろ18

1

大好評につき、猫トンネル増築。

 

2

3

普段おっとりしている黒豆だが、

新しい玩具には激しく食いつき、興奮しすぎて危険なので

4

白玉は大人しく順番待ち。

 

 

Hako

レシートもらうの忘れた・・・

遊ばないなんてこと、あるはずもないが。

 

 

近頃ペットショップが怖い。

あそこへ行く度、べそをかきながら帰る眼鏡女。

しんどいなら行かなければいいのだが

気になって仕方ない。

大きくなりすぎて、ついに『0円』になってしまった紀州犬。

耳が立っているという理由で0円の子猫。

みんな連れて帰りそうになる自分が怖い。

 

 

|
|

ピーマン肉(鶏)詰め

Nikuzume_3

ヘルシーで旨し!

 

Kiriboshi

大定番の切り干し大根。

これが出る日は、上機嫌にならざるを得ない。

 

 


|
|

ナミキラからテンコイへ

その昔、「涙がキラリ」という体育会系のブログがあった。

汁とか穴とか、モラルを疑うような内容ばかり書かれたそのブログは

おそらくセックスしか頭にないレズビアンが管理人だと思われるが

彼女に見つかってしまったので突然閉鎖するようなチキン眼鏡。

顔を見てみたいものだ。

今から3年以上も前のお話。

 

 

その頃から「好きだ、愛してる」と、メールやらコメントで

私を口説こうとするヨシ。さんときよさん。

口(メール)を開けば会いたい会いたいと、

しつこいったらありゃしない。

すまん、言い過ぎた。

 

 

ヨシ。さんは四国から、きよさんは九州から、

偶然にも年末の同じ日に大阪に遊びに来ると言うので

せっかくだから皆で一緒に呑みに行く運びとなり

大阪某所の焼鳥屋に大集合したわけである。

きよ「あはは!ほんとに『なんでやねん』って言ってるー。笑」

・・・何がおもろいねん。

あんたの九州弁の方がよっぽどおもろいわ。

ノンケなのに私のブログを愛読しているという変わり者。

ネット上だけでもこれだけ付き合いが長くなると

初めて会った気がしない。

き「どうして関西弁で書かないんですか?」

頼「読み辛いでしょう。笑」

き「『涙がキラリ』の時が一番面白かったです」

頼「みんなセックスネタが好っきやなー」

き「昔みたいなの、もっと書いてくださいよ」

頼「恥ずかしくて書けないや」

新「違うね、書けないんじゃなくて

  してないから書くことがないんだよ」

き「最近いつしたんですか?笑」

新「うーん・・・1ヶ月くらい前かな?」

頼「答えるんだ・・・」

き「ていうか新さんほんとに山Pに似てますねー」

新「・・・」

き「頼さんはほんとに胸が大きいですねー」

頼「言うな」

九州女っちゅうのは皆こんなに多弁なのか。

 

 

ヨシ。さんとヒカリさんカップルは

ブログのイメージそのもので、

控えめで大人しい感じのお二人。

仲睦まじく、とてもお似合い。

ヨシ「芸能人に会っている感じです。笑」

頼「またまたー」

ヨ「本物が動いてるー!!笑」

何がおもろいねん。

めっちゃ動くし本物は口が悪いんやで。

頼「ヒカリさん、すごい可愛いですねー」

ヨ「そうでしょう?」

頼「・・・少しは謙遜しなさいよ」

ヨ「頼さん。実は自分、

  道重さゆみと握手したことがあるんですよ」

頼・新「は!?」

ヨ「昔モーヲタだったんで。笑」

頼・新「は!!!???」

ヨ「握手してあげます」

要らんわ。笑

 

 

モー娘現メンの裏番長と名高い、

光井愛佳ちゃんに似ているヒカリさん。

※あくまで私の独断と偏見。

Aika

私、すっかりヒカリ推し。

 

新「いいなー!オフィスラブー!」

き「実際どんな感じなんですか?

  誰もいない会議室とかで・・・?笑」

ヨ「そんなのドラマの世界ですよ」

気さくを通り越して馴れ馴れしいきよさんのおかげで

会話が随分弾んだ気がする。

 

 

すまん、この辺りから記憶が無いのよ。

きよさんと新の3人でカラオケに行って、

何故か途中で新とはぐれてしまい、酔っぱらい2人で

タクシーに乗って帰って来たことはうっすら覚えている。

翌朝の新がべらぼうに怖かった。

 

 

楽しかったってことでいいのかな?

いいよね?

きよさんがあんまりいい女だったので

キスとか迫ってごめんなさい。

私に彼女がいること、バレてなきゃいいんだけど・・・

 

今度はいつにしましょうか。

明日?

 

 

| | コメント (5)
|

お年玉

Kuroketu

Kuroketu2

おもちゃを物色する黒いの。

 

 


Omocha

猫たちにもお年玉。

 

 

Kuroro

黒いのを撮影する新を撮影。

 

新がアメーバでブログ書いてるの知ってた?

わし知らんかった。

 

 

|
|

牛すじカレー

Kare

私これで29年続けてきたカレー嫌い辞めました。

 

 

|
|

正月飯

Zouni_2

白味噌の雑煮しか知らなかったので

新の作るすましの雑煮が新鮮。

 

 

|
|

年々深刻になる恐妻化

Pan

あけましてあめでとうございます。

Pan2

新春パン祭。

 

 

年明け早々、めでたくも9期新メンバーが決定。

また楽しい1年になりそう。

モーニング娘。のメンバーの中に

私と新が混ざっているという設定で年賀状を作った。

母「お前の友達、可愛い子ばっかりですごくない?」

なんでやねん。

友達て、あんた。

思いも掛けないところで初笑い。

 

 

実家までの移動時間約45分。

プラス行列に並ぶこと15分。

ファイナルアンサー。

手土産に551の豚マンを持って帰る。

母「ありがとう助かるわ。ご飯しか炊いてなくて」

・・・おかずにする気?

実家への帰省は随分ご無沙汰振りで

娘甲斐のない子だと散々愚痴を聞かされる。

むしろ自立心を評価されたいくらいなのに。

 

Cha_2

『いらっしゃい』

 

Shima_2

『だ、誰?』

 

Shima2

『・・・いらっしゃい』

なんとまあ、(うちの子の次に)美男子だこと。

 

8kiro

このお方が8キロの巨体を2時間も私に委ねるので

腰痛いは脚痛いはで嬉しい。

あんたを抱きに来たのではなく、

赤ちゃんを抱きに来たのですよ。

 

 

兄の新居にお邪魔するのは初めて。

私とは3つしか年が違わないのに

子供3人と犬と猫を養い、新築の一軒家を購入。

立派も立派。

私からのお年玉なんて微々たる出費ですよ。

兄「お前、結婚しないから出ていくばっかだな。笑」

母「結婚しないんだってさ。将来どうするつもり?」

頼「新と二人で店でもしようかな」

母「母さんは食器洗いをすればいいのかな?」

て、手伝う気?!

どや顔されましてもおばあちゃんは雇いません。

 

 

新が寂しがっているだろうと思い、早々と実家を後にしたのだが

当の本人は缶チューハイ片手に

モー娘のDVDを観ながら踊り狂っている。

クレイジー。

新「もう帰って来たの?」

頼「・・・はい」

新「調度良かった、冷蔵庫のチューハイ取って」

頼「・・・はい」

新「ご苦労ご苦労」

頼「そうだ、母さんが美味しいステーキ肉を持たせてくれたよ」

新「わーい」

頼「・・・」

新「・・・?」

頼「・・・忘れて来ちゃった」

新「今すぐ取りに帰れ!行け!」

クレイジー。

 

 

こんな感じでラブラブ(死語)新年をスタートさせたわけですが

さっそく風邪を引いてしまったので

簡潔ながらこれにてドロン。

大人しくお布団にハウスします。

 

本年もよろしくお願い致します。

メール、コメント、年賀状、どうも有難うございました。

年末は4年越しの愛がようやく実り、

四国と九州よりヨシさんときよさんにお会いしたのですが

その時の記事はまた後日ということで。

 

 

| | コメント (0)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »