« リンクしようよ | トップページ | 黒豆 »

「ともだち」

鳴らずの携帯が、珍しく振動している。

メール不精な友人から、ご無沙汰な人から。

普段全く来ないメールが、

来る時は怒濤のごとく受信するから不思議だ。

 

 

帰宅途中に桃からのメール。

レイトショーを観ることになった。

フットワークは軽い方ではないが、映画の誘いなら話は別だ。

待ち合わせをして初めて、

桃の電話番号を知らないことに気付く。

あれだけ一緒に居るというのに。

桃を友人と呼べるのかどうかは疑問だが、

同じ布団で寝ることもあれば、やつのパンツを洗濯したこともある。

変なの。

 

「突然ごめんねー」

「いえいえ、私も観たかったし」

「頼を借りるって、新には連絡入れといたから」

「ど、どうも」

「何時に帰るかメールした?」

「してない・・・」

「もう!私から言っておく」 

良くも悪くも私の理解者だ。

 

 

山田洋次監督の作品では

「学校シリーズ」と「たそがれ清兵衛」が好きだ。

「おとうと」観賞。

未だに「おとおと」と「おとうと」を迷ってしまう。

日本語は難しい。

鶴瓶演じる弟は文句なしに良かったが

はっきり言って全く共感できなかった。

あれだけ好き勝手に生きて、

さんざん家族に迷惑を掛けてきた弟が

末期ガンになったところで何の感情も湧かない。

人生を充分に謳歌したであろう。

しかしながら吉永小百合の凛とした美しさと、

ところどころに散りばめられたユーモアが秀逸。

本来あるべき家族の絆を、姉弟という視点で優しく描かれている。

最後の唐揚げが意味することに、粋を感じた。

加瀬亮は格好良すぎてひっくり返るかと思った。

 

 

隣のお団子頭の女が、ハンケチをびしょびしょにするくらい

泣いている。

一体どうしたと言うのだ。

桃「やばいよ~この映画」

頼「・・・」

桃「マジで?一適も?」

ご、ごめんなさい。

あんたいい奴やな。

 

気が強くてしっかり者で、ずけずけと物を言う、

クラスに一人はいるであろう目立つ感じの桃。

男にもかなりモテる。

人のことはあれこれ指摘するくせに、

自分のことは意外に分かってない。

どちらかといえば苦手なタイプだ。

だけど何故だろう、あんたといると楽だよ。

頼「最近セックスしてるかい?」

桃「いや、全然」

頼「そう」

桃「あんたら、仲良くしてんの?」

頼「まあ」

桃「ふーん」

この距離感が心地良い。

友達の定義が、分からなくなるよ。

 

 

|
|

« リンクしようよ | トップページ | 黒豆 »

書き散らし」カテゴリの記事

コメント

頼さん、新さんこんばんはhappy01

さて「おとうと」。
私も漢字は微妙に苦手です。
そして映画を見て泣くのはさらに苦手です。
頼さん、気が合いますねぇsmile
桃さんとまではいけないでしょうが…友達の輪に入れていただきたいもんですcat

投稿: ひろ | 2010年2月12日 (金) 21時02分

石田ゆり子さんは、親友と老後は一緒に暮らす約束をしてるらしいです。
実は私も、老後は4人で暮らそうと、勝手に妄想してて旦那様も了承済みです。(笑)

投稿: 直 | 2010年2月13日 (土) 02時33分

こんばんは。
私は一昨日アバターを観ました。
SF・ファンタジーなど、とにかくCGを駆使したような作品に興味がなかったのですが、
アバター、素晴らしかったです。とにかく美しかったですね。
そして加瀬亮。普通っぽいのに影がある感じというのでしょうか。えきぞちっく?
私もとても気になる俳優さんです。

投稿: きよ | 2010年2月15日 (月) 01時08分

仲良きことは 美しきかなclover

距離感は大切ですね。

最近、映画観てないデス

投稿: 日猫 | 2010年2月15日 (月) 12時22分

>ひろさん
こう見えて涙もろいんですよ。笑
この映画では泣けなかっただけです。
ものすごく小さい輪ですけど。笑

>直さん
全員看取ってあげますよ。
直さん長生きしそうですね。笑

>きよさん
本来ならCGに劣るはずもない地球なのに・・・
加瀬亮は格好良いですよね。
お酒は飲めないらしいですよ。笑

>日猫さん
二人きりで映画どうですか?

投稿: 頼 | 2010年2月19日 (金) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リンクしようよ | トップページ | 黒豆 »