« 好きなら負けない | トップページ | どんぐりまなこ »

感じやすい体質

両親との食事は随分久しぶりだ。

新も誘ったが案の定、親子の水入らずを

邪魔したくないからと断られてしまった。

母「一応誘ってはみたんだよ」

父「そうか。うまくやってるのか?」

頼「うん」

父「仲良いんだな、お前たち」

頼「まあ、そうかな」

母「何で頼だけそんなに太ったの?」

頼「・・・」

 

寿司の盛り合わせを頼んだのに、釜飯が食べたいと言い出す母。

母「いくつ注文する?」

頼「は?1つでしょう」

父「3つじゃないの?」

私の米好きは遺伝だと思う。

勘定を私が持ったら、何故かティッシュを1ボックスくれた。

母「新ちゃん、花粉症なんでしょう?」

・・・私には?

素麺を2袋くれた。

さすがは母よ、娘の欲しているものをよく知っている。

 

新に遠慮してか、父は家に上がらなくなったが

母は何かと理由をつけては毎回上がり込む。

白玉が飛びかかる勢いでお出迎え。

「にゃんこー、来たよー!」

猫嫌いと言いながらも、会う度に関係が進展している

新「お帰りなさい」

母「トイレ借りまーす!」

新「・・・」

新のちょんまげを引っ張ってはいけませんよ。

動きが停止してしまう仕組みなのだから。

 

 

兄に3人目の子ができた。

ますます両親の関心が、私から逸れていく。

その喜びようといったら、相当なもの。

私だって兄弟の子は可愛い。

こんな言い方おかしいかもしれないが、

兄には本当に感謝している。

本人にすれば感謝される筋合いなど、ないとは思うけれど。

身の振り方を心配こそすれ、

近頃は結婚しろと露骨に言わなくなった。

「子供は早く産まないと、面倒見てあげられないよ」

いつまでも期待させたままで、ごめん。

それとも、知らないでいる方がいいのかな。

分からないから、また曖昧な言葉を口にしてしまう。

「相手がいなきゃ、どうしようもないよ」

同じことを何度も何度も繰り返し、考える。

両親のために打ち明けるか。

両親のために黙っているか。

「ため」って何だ、どちらも私のエゴではないのか。

 

頼「セックスしよー」

新「昨日もしたやんか」

頼「昨日は昨日、今日は今日。何度も言わさないで」

新「・・・」

頼「ティッシュもいっぱいあることだし。笑」

私は親不幸者だけれど、

こんなにも人を愛せる人間に育ててくれて

本当に有難う。

一風変わった人生を歩んでいくことになってしまったおかげで

幸せを感じやすい体質になってしまった。

 

母「子供だけじゃなくて、犬と猫もまた増えてるよ」

兄貴、欲張りすぎ。

ムツゴロウ王国でも創る気か。

 

 

|
|

« 好きなら負けない | トップページ | どんぐりまなこ »

書き散らし」カテゴリの記事

コメント

おはよう。

両親の為に
打ち明けるか、黙っているか
難しいところだよね。
私の親は結婚しろと露骨に言ってきたりはないけど
「お隣さんちのお姉サン(独身40前?)みたいになるで」
とか「あんたも彼氏くらい」みたいな事は言ってくる(--;)
同じく甥っ子姪っ子がいて感謝だよ。

しかしこの年齢結婚、出産報告が結構ある(^^;

投稿: 犬 | 2009年4月23日 (木) 08時40分

うちもベビーに関して、親の事少し考えます。
早く弟が結婚して子ども産んで欲しいーbearing
甥っ子姪っ子、羨ましいっすsign03

投稿: 直 | 2009年4月23日 (木) 09時38分

お久し振りです。

頼さんの書く文章は、いつも心に深く届きます。
こんな風に私の中にすーっと入り込む人はそうそういません。(人間不信かな…)
元気が出ます。
いつもありがとう。

結婚を失敗した私にはなーんにもいう権利はないけど
結婚だけがすべてではないし
結婚という形よりももっと幸せなところに
お二人は存在していると思います。
周りのことも気にかけつつ幸せを保ってほしい。
まぁ、頼さんは十分わかっているとおもいますが(笑)。

仕事行ってきます!

投稿: sara | 2009年4月24日 (金) 08時43分

お二人を見ているとあまりにも自然で、同性であることに何の問題があるのかと思ってしまいますが、両親を前にすると改めて考えさせられますね。
私は幸せでいることが親孝行と勝手に思っています。その幸せを守っていくことが自分にできることかなぁと。
まだその幸せはつかめてませんが。。^_^;

投稿: かめ | 2009年4月25日 (土) 05時54分

こんばんは^^
この問題は、同性愛がみとめられない限りずっと続く問題なのでしょうね。
人が人として好きになっただけの事なのに、それがただ同性の人を好きになっただけであって・・・
自分も「こんなに人を(彼女を)愛せる人間に育ててくれてありがとう」・・・頼さんの言葉そのものです^^

投稿: 涼 | 2009年4月26日 (日) 19時18分

>こんなにも人を愛せる人間に育ててくれて本当に有難う。

またまたハッとさせられました。
本当にありがたいことですよね。
そしてこんなに愛せる人に育ててくれた
相手のご両親にも有難く感じます。

投稿: きよ | 2009年4月26日 (日) 21時23分

>犬さん
どちらを選んでも結局は、自分のためなんじゃないかと
思えて仕方ありません。
そうですね、もう私たちは
母親になる年齢なんですよね。

>直さん
兄弟の子供は本当に可愛いです。
直ちゃんの弟さんはまだ若いですから
もう少し先の話になるかもしれませんが
楽しみですね。

>saraさん
お久しぶりです、お元気でしたか。
相変わらずお忙しいようで。
とっつきにくい性格の私を、受け入れてくださるのは
saraさんの器でしょうね、嬉しいです。
資格がないなんて、
そんな悲しいことおっしゃらないでください。
経験のないことは比較しようがありませんが
幸せだと感じる自分の心に従っていこうと思います。

>かめさん
両親にとっては、不自然なのでしょう。
本当に、そう思いたいです。
そうだとすれば私は、最高の親孝行者ですね。笑

>涼さん
何もしていないうちは、認められなくても仕方がないと
思っています。
それでも動けずにいる自分はどうするべきなのか
自問自答の繰り返しです。
彼女さん、愛されてますね。笑

>きよさん
こちらこそハッとさせられました。
きよさんを好きになる方は
きっと素敵な人なんでしょうね。

投稿: 頼 | 2009年4月30日 (木) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 好きなら負けない | トップページ | どんぐりまなこ »